アグレッシブ・サイドボーディング

提供:MTG Wiki

2017年3月27日 (月) 16:52時点における114.187.192.23 (トーク) - whois による版
(差分) ←前の版 | 最新版 (差分) | 次の版→ (差分)
移動: 案内, 検索

アグレッシブ・サイドボーディング(Aggressive Sideboarding)は、サイドボードとのカードの入れ替えにより、サイドボード前とは全く性質の異なるデッキにしてしまう手法。

オフェンシブ・サイドボーディング、変形サイドボードとも言う。

[編集] 概要

デッキの相性を逆転させてしまったり、相手のサイドボーディングを全て無に帰してしまったり出来るので、はまった場合は物凄い効果を発揮する。 しかし変形前・変形後ともにデッキとして十分に機能するように調整する必要がある上、変形に要するサイドボーディングの枚数もあまり多いのは望ましくない。さらにメタゲームまで考慮するとなると、デッキを構築するのに非常に高度な技術が必要になる。

しかし、「あのデッキはアグレッシブ・サイドボーディングをしてくる」という情報が世の中に出回ってしまうと、その効果は半減してしまうのが悲しい性。特に有名プレイヤーだと、元々使うデッキに注目が集まりやすいので、バレて広まるのも速い。

バレた場合は奇襲性が無くなるが、今度は相手が知っている事を逆手に取り、心理戦に切り替える事が出来る。例えばノンクリーチャーデッキがサイドボードにクリーチャーを用意している場合、対戦相手としてはクリーチャー除去を残す必要があり、クリーチャーを投入しなかった場合にはその分優位になれる。

[編集] 実戦例

以下にメジャーなアグレッシブ・サイドボーディングのパターンを記すが、メジャーであるということは多くの人が知っているパターンであるということであり、それだけ奇襲効果は期待できなくなるので注意。

アグレッシブや変形と言えるか微妙なもの

[編集] 参考

QR Code.gif