ベリード・アライブ

提供:MTG Wiki

移動: 案内, 検索

ベリード・アライブ(Buried Alive)は、黒ウィニーの一種であり、名前の通り生き埋め/Buried Aliveを投入したデッキキーカードの関係上、スタンダードにはアイスエイジウェザーライトが併用できるわずかな期間しか存在できなかったが、カウンターポストなどを相手に善戦した。


Buried Alive / 生き埋め (2)(黒)
ソーサリー

あなたのライブラリーからクリーチャー・カードを最大3枚まで探し、それらをあなたの墓地に置き、その後あなたのライブラリーを切り直す。



Ashen Ghoul / 灰燼のグール (3)(黒)
クリーチャー — ゾンビ(Zombie)

速攻
(黒):あなたの墓地にある灰燼のグールを戦場に戻す。この能力は、あなたのアップキープの間にしか起動できず、灰燼のグールの上にクリーチャー・カードが3枚以上ある場合にのみ起動できる。

3/1


Nether Shadow / 冥界の影 (黒)(黒)
クリーチャー — スピリット(Spirit)

速攻
あなたのアップキープの開始時に、冥界の影があなたの墓地にあり、かつその上にクリーチャー・カードが3枚以上ある場合、あなたは冥界の影を戦場に出してもよい。

1/1

生き埋め/Buried Aliveに加えて、自力で墓地から復活できる冥界の影/Nether Shadow灰燼のグール/Ashen Ghoulが採用されているのが最大の特徴。生き埋めが3枚サーチとして機能することで、大きなアドバンテージを稼ぐことができる。

これらのクリーチャーコストは復活能力の分割高ではあるが、対戦相手墓地対策をしていないかぎり本質的に除去されないのが強み。結果的に、普通のウィニーが苦手とする神の怒り/Wrath of Godのような全体除去呪文を恐れずに戦場にクリーチャーを増やせるため、防御をこういった除去に頼ったコントロール/パーミッションデッキに強かった。

その他によく使われたのは、黒騎士/Black Knightなどの優良ウィニーと、これも墓地から再利用が容易なKrovikan Horror。特にKrovikan Horrorは、剣を鍬に/Swords to Plowshares対策としてよく見られた。

サンプルレシピ

メインデッキ (60)
クリーチャー (23)
4 黒騎士/Black Knight
4 ストロームガルドの騎士/Knight of Stromgald
4 墜ちたるアスカーリ/Fallen Askari
4 アーグの盗賊団/Erg Raiders
3 冥界の影/Nether Shadow
4 灰燼のグール/Ashen Ghoul
呪文 (18)
4 生き埋め/Buried Alive
4 不吉の月/Bad Moon
2 ネクロポーテンス/Necropotence
3 Contagion
1 生命吸収/Drain Life
1 ネビニラルの円盤/Nevinyrral's Disk
3 暗黒の儀式/Dark Ritual
土地 (19)
19 沼/Swamp

参考

QR Code.gif