マーフォークの枝渡り/Merfolk Branchwalker

提供:MTG Wiki

(版間での差分)
移動: 案内, 検索
 
1行: 1行:
 
{{#card:Merfolk Branchwalker}}
 
{{#card:Merfolk Branchwalker}}
  
[[探検]]を持つ[[]]2[[マナ]]の[[マーフォーク]]。3/2+疑似[[占術]]1か、2/1+[[キャントリップ]]のどちらかとなるということになる。
+
[[ETB]][[探検]]を行う[[]]の[[マーフォーク]]。3/2+疑似[[占術]]1(のちの[[諜報]]1)か、2/1+[[キャントリップ]]のどちらかとなるということになる。
  
どちらであっても2マナの[[クリーチャー]]としては上々の性能。2マナでパワー3という攻撃力を当て込んで[[ビートダウン]]の[[アタッカー]]として使った場合、裏目を引いた時に弱いため、ある程度[[土地]]を伸ばしたい中速~低速の[[デッキ]]の方が噛み合うだろう。
+
どちらであっても2[[マナ]]の[[クリーチャー]]としては上々の性能。2マナでパワー3という攻撃力を当て込んで[[ビートダウン (デッキ)|ビートダウンデッキ]]の[[アタッカー]]として使った場合、裏目を引いた時に弱いため、ある程度[[土地]]を伸ばしたい中速~低速の[[ミッドレンジ]]系[[デッキ]]の方が噛み合うだろう。
 +
 
 +
[[スタンダード]]では、[[黒緑ビートダウン#イクサラン・ブロック+ドミナリア+基本セット2019+ラヴニカのギルド期|ゴルガリ・ミッドレンジ]]をはじめとして、複数の中速系デッキで2マナ域として採用されている。
  
 
[[モダン]]の[[緑青]][[マーフォーク (デッキ)|マーフォークデッキ]]では採用されている例がある。
 
[[モダン]]の[[緑青]][[マーフォーク (デッキ)|マーフォークデッキ]]では採用されている例がある。
  
*[[上位種]]として[[翡翠光のレインジャー/Jadelight Ranger]]が存在する。[[P/T]]の関係上、[[戦闘]]であちらと相打ちすることも多い。
+
*[[上位種]]として、同[[エキスパンション]][[ティシャーナの道探し/Tishana's Wayfinder]]、続く[[イクサランの相克]]の[[翡翠光のレインジャー/Jadelight Ranger]]が存在する。
*黒2マナで同じく[[探検]]を持つ[[探求者の従者/Seekers' Squire]]とは[[パワー]]と[[タフネス]]が対になっている。
+
*[[]]の2マナで同じく探検を行う[[探求者の従者/Seekers' Squire]]とは、[[パワー]]と[[タフネス]]が対になっている。
 +
 
 
==参考==
 
==参考==
 
*[[カード個別評価:イクサラン]] - [[アンコモン]]
 
*[[カード個別評価:イクサラン]] - [[アンコモン]]

2019年5月20日 (月) 13:19時点における最新版


Merfolk Branchwalker / マーフォークの枝渡り (1)(緑)
クリーチャー — マーフォーク(Merfolk) スカウト(Scout)

マーフォークの枝渡りが戦場に出たとき、これは探検を行う。(あなたのライブラリーの一番上のカードを公開する。それが土地であるなら、そのカードをあなたの手札に加える。そうでないなら、このクリーチャーの上に+1/+1カウンターを1個置き、その後、そのカードを戻すかあなたの墓地に置く。)

2/1

ETB探検を行うマーフォーク。3/2+疑似占術1(のちの諜報1)か、2/1+キャントリップのどちらかとなるということになる。

どちらであっても2マナクリーチャーとしては上々の性能。2マナでパワー3という攻撃力を当て込んでビートダウンデッキアタッカーとして使った場合、裏目を引いた時に弱いため、ある程度土地を伸ばしたい中速~低速のミッドレンジデッキの方が噛み合うだろう。

スタンダードでは、ゴルガリ・ミッドレンジをはじめとして、複数の中速系デッキで2マナ域として採用されている。

モダン緑青マーフォークデッキでは採用されている例がある。

[編集] 参考

QR Code.gif