ヨーグモスの意志/Yawgmoth's Will

提供:MTG Wiki

(版間での差分)
移動: 案内, 検索
1行: 1行:
 
{{#card:Yawgmoth's Will}}
 
{{#card:Yawgmoth's Will}}
  
[[ヴィンテージ]]最強の[[呪文]]の1つであり、かつ[[マジック:ザ・ギャザリング|マジック]]最凶の[[カード]]の1つ。本来簡単に手を出せない[[墓地]]のカードをここまで自在に操れる呪文は、マジック史上類を見ない。
+
[[マジック:ザ・ギャザリング|マジック]]史上最強と謳われる[[カード]][[墓地]]のカードをここまで自在に操れる[[呪文]]は、他に類を見ない。
  
1[[ターン]]限定とはいえ、実質的に墓地のカードをすべて[[手札に加える]]ような[[効果]]による[[アドバンテージ]]は、ゲームバランスを崩壊させるに十分なものである。[[ゲーム]]の後半に撃てば、わずか3[[マナ]]で10数枚以上のアドバンテージを得るわけで、そのままゲーム終了となることも珍しくない。
+
1[[ターン]]限定とはいえ、実質的に墓地のカードをすべて[[手札に加える]]ような[[効果]]による[[アドバンテージ]]は、[[ゲーム]]バランスを崩壊させるに十分なものである。ゲームの後半に撃てば、わずか3[[マナ]]で10数枚以上のアドバンテージを得るわけで、そのままゲーム終了となることも珍しくない。
  
このカードの強さはその性質上[[カード・プール]]の広さに依存する。[[軽い|軽く]]て強力な呪文、特に強力な[[マナ加速]]手段が多ければ多いほどこのカード自体も強力に変貌を遂げる。[[スタンダード]]ですら[[暗黒の儀式/Dark Ritual]]や[[水蓮の花びら/Lotus Petal]]のおかげでこれ自体が事実上の[[フリースペル]]と化していたが、ヴィンテージにいたっては[[Black Lotus]]や[[ライオンの瞳のダイアモンド/Lion's Eye Diamond]]等の凶悪な[[マナ・アーティファクト]]を筆頭に軽くて強烈な呪文が蔓延しているので、単純な[[カードパワー]]はかの[[パワー9]]すら上回る。
+
このカードの強さはその性質上[[カード・プール]]の広さに依存する。[[軽い|軽く]]て強力な呪文、特に強力な[[マナ加速]]手段が多ければ多いほどこのカード自体も強力に変貌を遂げる。[[スタンダード]]ですら[[暗黒の儀式/Dark Ritual]]や[[水蓮の花びら/Lotus Petal]]のおかげでこれ自体が事実上の[[フリースペル]]と化していたが、[[ヴィンテージ]]にいたっては[[Black Lotus]]や[[ライオンの瞳のダイアモンド/Lion's Eye Diamond]]等の凶悪な[[マナ・アーティファクト]]を筆頭に軽くて強烈な呪文が蔓延しているので、単純な[[カードパワー]]はかの[[パワー9]]すら上回る。
  
スタンダードでは[[黒ウィニー]]や[[黒コントロール]]の後半の息切れ防止手段といったごく一般的な使い方から、[[ピットサイクル]]において5枚目の[[魂の饗宴/Soul Feast]]を撃つために使用するなど、黒絡みのデッキでは大抵投入されていたが、カードプールの狭さのおかげで[[禁止カード]]入りは免れた。また、後半ほど強力になる、二度目の使用は効果が薄いなどといった性質から1、2枚差しが一般的だったので、強力さの割には[[シングルカード]]価格もそこまで高くはなかった。
+
スタンダードでは[[黒ウィニー]]や[[黒コントロール]]の後半の息切れ防止手段といったごく一般的な使い方から、[[ピットサイクル]]において5枚目の[[魂の饗宴/Soul Feast]]を撃つために使用するなど、[[黒]]絡みの[[デッキ]]では大抵投入されていたが、カード・プールの狭さのおかげで[[禁止カード]]入りは免れた。また、後半ほど強力になる、二度目の使用は効果が薄いなどといった性質から1、2枚差しが一般的だったので、強力さの割には[[シングルカード]]価格もそこまで高くはなかった。
  
 
*このカードが登場した当時、すでに[[ヴィンテージ]]で[[制限カード]]に指定されていた[[Regrowth]]と比較しても、たった1[[マナ]]増えただけで[[墓地]]のカード全てに手を出せる。このカードがいかに強力かがわかるだろう。
 
*このカードが登場した当時、すでに[[ヴィンテージ]]で[[制限カード]]に指定されていた[[Regrowth]]と比較しても、たった1[[マナ]]増えただけで[[墓地]]のカード全てに手を出せる。このカードがいかに強力かがわかるだろう。

2011年3月22日 (火) 02:15時点における版


Yawgmoth's Will / ヨーグモスの意志 (2)(黒)
ソーサリー

ターン終了時まで、あなたは、あなたの墓地にあるカードをプレイしてもよい。
このターン、カードがいずれかの領域からあなたの墓地に置かれる場合、代わりにそのカードを追放する。


マジック史上最強と謳われるカード墓地のカードをここまで自在に操れる呪文は、他に類を見ない。

1ターン限定とはいえ、実質的に墓地のカードをすべて手札に加えるような効果によるアドバンテージは、ゲームバランスを崩壊させるに十分なものである。ゲームの後半に撃てば、わずか3マナで10数枚以上のアドバンテージを得るわけで、そのままゲーム終了となることも珍しくない。

このカードの強さはその性質上カード・プールの広さに依存する。軽くて強力な呪文、特に強力なマナ加速手段が多ければ多いほどこのカード自体も強力に変貌を遂げる。スタンダードですら暗黒の儀式/Dark Ritual水蓮の花びら/Lotus Petalのおかげでこれ自体が事実上のフリースペルと化していたが、ヴィンテージにいたってはBlack Lotusライオンの瞳のダイアモンド/Lion's Eye Diamond等の凶悪なマナ・アーティファクトを筆頭に軽くて強烈な呪文が蔓延しているので、単純なカードパワーはかのパワー9すら上回る。

スタンダードでは黒ウィニー黒コントロールの後半の息切れ防止手段といったごく一般的な使い方から、ピットサイクルにおいて5枚目の魂の饗宴/Soul Feastを撃つために使用するなど、絡みのデッキでは大抵投入されていたが、カード・プールの狭さのおかげで禁止カード入りは免れた。また、後半ほど強力になる、二度目の使用は効果が薄いなどといった性質から1、2枚差しが一般的だったので、強力さの割にはシングルカード価格もそこまで高くはなかった。

1999/10/01、ヴィンテージでは制限カードエクステンデッドType1.5禁止カード。2004/09/20よりType1.5から移行したレガシーでも続けて禁止となっている。

参考

QR Code.gif