ローウィン=シャドウムーア・ブロック

提供:MTG Wiki

2018年10月21日 (日) 12:17時点におけるブラー (トーク | 投稿記録)による版
(差分) ←前の版 | 最新版 (差分) | 次の版→ (差分)
移動: 案内, 検索

ローウィン=シャドウムーア・ブロック/Lorwyn-Shadowmoor Blockは、ローウィン・ブロックシャドウムーア・ブロックを併せた1つのブロック。ブロック名の日本語訳がフロアルールで規定される前は、「ローウィン・シャドウムーア・ブロック」という表記も見受けられた。

構築ではこれら2つのブロックのエキスパンションである、ローウィンモーニングタイドシャドウムーアイーブンタイドを1つのブロックとして扱う。ブロック構築ローテーションに関しても同様である。

セット名 略号 発売日 セット枚数 製品情報(WotC) カードリスト(Wisdom Guild)
ローウィン/Lorwyn LRW 2007年10月12日 301枚 製品情報 カードリスト
モーニングタイド/Morningtide MOR 2008年2月1日 150枚 製品情報 カードリスト
シャドウムーア/Shadowmoor SHM 2008年5月2日 301枚 製品情報 カードリスト
イーブンタイド/Eventide EVE 2008年7月25日 150枚 製品情報 カードリスト

[編集] 概要

平和で穏やかな世界のローウィン/Lorwynの物語であるローウィン・ブロックと、大オーロラ/Great Auroraによってローウィンが闇の世界へと変貌したシャドウムーア/Shadowmoorの物語であるシャドウムーア・ブロックが対照的に描かれている。

ケルト神話など、イギリスの民話伝承にモチーフとした内容となっており、変わり身/Changeling多相)を除けばクリーチャーとしての人間が登場していない。

ストーリー設定の他にも、モーニングタイド+1/+1カウンターに対する、シャドウムーア-1/-1カウンターといったテーマや、放浪者ライズ/Rhys the Exiled贖われし者、ライズ/Rhys the Redeemedといった世界の変化によって姿形が変わったカードなど、随所で対照的であることを表すデザインがなされている。

各ブロックの特徴に関しては、それぞれローウィン・ブロックシャドウムーア・ブロックを参照。

[編集] 参考

QR Code.gif