仕組まれた疫病/Engineered Plague

提供:MTG Wiki

(版間での差分)
移動: 案内, 検索
 
11行: 11行:
 
[[ウルザ・ブロック]]期であれば[[クレリック]]が積まれた[[白シャドーウィニー]]や[[トリニティ]]の[[エルフ]]などに、[[第7版]][[再録]]時では[[日を浴びるルートワラ/Basking Rootwalla]]や[[マーフォークの物あさり/Merfolk Looter]]などに効果を発揮した。
 
[[ウルザ・ブロック]]期であれば[[クレリック]]が積まれた[[白シャドーウィニー]]や[[トリニティ]]の[[エルフ]]などに、[[第7版]][[再録]]時では[[日を浴びるルートワラ/Basking Rootwalla]]や[[マーフォークの物あさり/Merfolk Looter]]などに効果を発揮した。
  
 +
*[[モダンホライゾン]]では、このカードを内蔵した[[クリーチャー]]である[[疫病を仕組むもの/Plague Engineer]]が登場。マナ・コストはそのままに2/2[[接死]]の本体性能を得て、[[対戦相手]]のクリーチャーにしか影響しない。
 
*大量展開される[[トークン]]は1/1のものが多いため、トークン生成カードへの対策手段にもなる。第7版当時は[[リス対立#オデッセイ・ブロック期|リス対立]]の[[リスの巣/Squirrel Nest]]や[[トレンチ]]の[[ゴブリンの塹壕/Goblin Trenches]]への対策カードとなった。
 
*大量展開される[[トークン]]は1/1のものが多いため、トークン生成カードへの対策手段にもなる。第7版当時は[[リス対立#オデッセイ・ブロック期|リス対立]]の[[リスの巣/Squirrel Nest]]や[[トレンチ]]の[[ゴブリンの塹壕/Goblin Trenches]]への対策カードとなった。
 
*[[トライバル・ウォーズ]]では最初から[[禁止カード]]となっている。部族デッキにとって致命的なので当然である。
 
*[[トライバル・ウォーズ]]では最初から[[禁止カード]]となっている。部族デッキにとって致命的なので当然である。

2019年6月7日 (金) 22:56時点における最新版


Engineered Plague / 仕組まれた疫病 (2)(黒)
エンチャント

仕組まれた疫病が戦場に出るに際し、クリーチャー・タイプを1つ選ぶ。
選ばれたタイプのクリーチャーは、-1/-1の修整を受ける。


部族デッキエンチャント。選んだクリーチャー・タイプクリーチャーを永続的に弱体化させる。

小型の多いエルフデッキゴブリンデッキには痛烈。2枚以上出された日には即投了もの。2007年9月などのオラクル更新で多くのクリーチャーのサブタイプが整理され、複数のクリーチャー・タイプを持つものも増えたため、普通のウィニーにも強烈に効きやすくなった。

現在ほどにはクリーチャー・タイプが整理されていなかったスタンダード当時でも、クリーチャー・タイプを1つも持たないクリーチャーはアーティファクト・クリーチャーくらいだったため、タフネス1のクリーチャーを1種類は封殺するという最低限の効果は期待できた。とりあえず1対1交換、吐き気/Nauseaぐらいの仕事は望めるわけだ。

ルーンの母/Mother of Runes真の名の宿敵/True-Name Nemesisなど、タフネスは低いものの強力なクリーチャーは少なくない。サイドボードにも良いかもしれない。

ウルザ・ブロック期であればクレリックが積まれた白シャドーウィニートリニティエルフなどに、第7版再録時では日を浴びるルートワラ/Basking Rootwallaマーフォークの物あさり/Merfolk Looterなどに効果を発揮した。

[編集] 参考

QR Code.gif