「共鳴者」を編集中

提供:MTG Wiki

移動: 案内, 検索
あなたはログインしていません。あなたのIPアドレスはこの項目の履歴に記録されます。
取り消しが可能です。 これが意図した操作であるか、下に表示されている差分を確認し、取り消しを確定させるために、変更を保存してください。
最新版 編集中の文章
1行: 1行:
'''共鳴者''' (''Symbiote'')は、[[手札]]から[[カード]]を[[捨てる]]ことを[[起動コスト]]に含む[[起動型能力]]をもつ[[パーマネント]]のこと。
+
'''共鳴者''' (''Symbiote'')は、[[手札]]から[[カード]]を[[捨てる]]ことを[[コスト]]に含む[[起動型能力]]をもつ[[パーマネント]]のこと。
  
 
{{#card:Psychatog}}
 
{{#card:Psychatog}}
8行: 8行:
 
その多くは手札から選んで捨てるタイプだが、[[赤]]の共鳴者には[[無作為に]]捨てるものも多い。
 
その多くは手札から選んで捨てるタイプだが、[[赤]]の共鳴者には[[無作為に]]捨てるものも多い。
  
[[オデッセイ]]発売当初は「手札を捨てる」というコストが非常に重く「使い物にならない」と思われていた時期があったが、実際は[[マナ]]などを要求されるよりも手軽に[[支払う|支払える]]場面も多く、さらにブロック全体でフィーチャーされた[[墓地]]利用システムを組み合わせることでいくらでも利点に変えることができた。そのため、開発部の意図した以上に強力な[[カードパワー]]に仕上がってしまったカードもちらほら見られる(特に[[サイカトグ]]や[[青緑スレッショルド]]の核となった、上記2種の[[クリーチャー]]が有名であろう)。
+
[[オデッセイ]]発売当初は「手札を捨てる」というコストが非常に重く「使い物にならない」と思われていた時期があったが、実際は[[マナ]]などを要求されるよりも手軽に[[支払う|支払え]]る場面も多く、さらにブロック全体でフィーチャーされた墓地利用システムを組み合わせることでいくらでも利点に変えることができた。そのため、開発部の意図した以上に強力な[[カードパワー]]に仕上がってしまったカードもちらほら見られる(特に[[サイカトグ]]や[[青緑スレッショルド]]の核となった、上記2種の[[クリーチャー]]が有名であろう)。
  
 
その反省を踏まえてか、[[時のらせんブロック]]でマッドネスやスレッショルドが再登場した際には、[[スタンダード]]で共存している共鳴者たちの性能はかなり控えめに抑えられている。
 
その反省を踏まえてか、[[時のらせんブロック]]でマッドネスやスレッショルドが再登場した際には、[[スタンダード]]で共存している共鳴者たちの性能はかなり控えめに抑えられている。
16行: 16行:
 
==参考==
 
==参考==
 
*[[共鳴者カード]]
 
*[[共鳴者カード]]
 +
 
*[[スペルシェイパー]]
 
*[[スペルシェイパー]]
 
*[[カードの俗称]]
 
*[[カードの俗称]]
 
*[[用語集]]
 
*[[用語集]]

MTG Wikiへの全ての投稿は、他の利用者によって編集、変更、除去される可能性があります。 自信の投稿が他人によって遠慮なく編集されることを望まない場合は、ここには投稿しないでください。
また、投稿されるものは、自身によって書かれたものであるか、パブリック・ドメイン、またはそれに類するフリーな資料からの複製であることを約束してください(詳細はMTG Wiki:著作権を参照)。 著作権保護されている作品を、許諾なしに投稿してはいけません!

中止 | 編集の仕方 (新しいウィンドウが開きます)
QR Code.gif