共鳴者

提供:MTG Wiki

(版間での差分)
移動: 案内, 検索
 
(3人の利用者による、間の3版が非表示)
1行: 1行:
'''共鳴者''' (''Symbiote'')は、[[手札]]から[[カード]]を[[捨てる]]ことを[[コスト]]に含む[[起動型能力]]をもつ[[パーマネント]]のこと。
+
'''共鳴者''' (''Symbiote'')は、[[手札]]から[[カード]]を[[捨てる]]ことを[[起動コスト]]に含む[[起動型能力]]をもつ[[パーマネント]]のこと。
  
 +
{{#card:Psychatog}}
 
{{#card:Wild Mongrel}}
 
{{#card:Wild Mongrel}}
  
カードを捨てることは[[マッドネス]][[スレッショルド]]との[[シナジー]]を持つ。このようなカードは古くからあったのだが、[[オデッセイ]]が登場すると同時にこう呼ばれるようになった。
+
手札を捨てるコスト自体は一般的なものであり、古いものから最新セットにまで幅広く存在するが、特に[[オデッセイ・ブロック]]においてテーマとして取り上げられた(共鳴者という呼び名もその際に命名された)。同[[ブロック (総称)|ブロック]]で登場した[[マッドネス]][[スレッショルド]]と相互に[[シナジー]]を持つようにデザインされている。
  
 
その多くは手札から選んで捨てるタイプだが、[[赤]]の共鳴者には[[無作為に]]捨てるものも多い。
 
その多くは手札から選んで捨てるタイプだが、[[赤]]の共鳴者には[[無作為に]]捨てるものも多い。
  
最も有名な共鳴者は[[野生の雑種犬/Wild Mongrel]][[サイカトグ/Psychatog]]だろう。
+
[[オデッセイ]]発売当初は「手札を捨てる」というコストが非常に重く「使い物にならない」と思われていた時期があったが、実際は[[マナ]]などを要求されるよりも手軽に[[支払う|支払える]]場面も多く、さらにブロック全体でフィーチャーされた[[墓地]]利用システムを組み合わせることでいくらでも利点に変えることができた。そのため、開発部の意図した以上に強力な[[カードパワー]]に仕上がってしまったカードもちらほら見られる(特に[[サイカトグ]]や[[青緑スレッショルド]]の核となった、上記2種の[[クリーチャー]]が有名であろう)。
 +
 
 +
その反省を踏まえてか、[[時のらせんブロック]]でマッドネスやスレッショルドが再登場した際には、[[スタンダード]]で共存している共鳴者たちの性能はかなり控えめに抑えられている。
 +
 
 +
*狭義には、上記にもあるとおり、手札を捨てることが[[能力]]の起動コストであるパーマネントのことを指すが、一般にはより広義にとらえて手札を捨てるカード全般(例えば[[効果]]の一部として手札を捨てる[[マーフォークの物あさり/Merfolk Looter]]など)も含めて指すことが多い。
  
 
==参考==
 
==参考==
 
*[[共鳴者カード]]
 
*[[共鳴者カード]]
 
 
*[[スペルシェイパー]]
 
*[[スペルシェイパー]]
 
*[[カードの俗称]]
 
*[[カードの俗称]]
 
*[[用語集]]
 
*[[用語集]]

2011年8月23日 (火) 11:48時点における最新版

共鳴者 (Symbiote)は、手札からカード捨てることを起動コストに含む起動型能力をもつパーマネントのこと。


Psychatog / サイカトグ (1)(青)(黒)
クリーチャー — エイトグ(Atog)

カードを1枚捨てる:サイカトグはターン終了時まで+1/+1の修整を受ける。
あなたの墓地にあるカード2枚を追放する:サイカトグはターン終了時まで+1/+1の修整を受ける。

1/2


Wild Mongrel / 野生の雑種犬 (1)(緑)
クリーチャー — 犬(Dog)

カードを1枚捨てる:野生の雑種犬はターン終了時まで+1/+1の修整を受けるとともに、あなたが選んだ1色の色になる。

2/2

手札を捨てるコスト自体は一般的なものであり、古いものから最新セットにまで幅広く存在するが、特にオデッセイ・ブロックにおいてテーマとして取り上げられた(共鳴者という呼び名もその際に命名された)。同ブロックで登場したマッドネススレッショルドと相互にシナジーを持つようにデザインされている。

その多くは手札から選んで捨てるタイプだが、の共鳴者には無作為に捨てるものも多い。

オデッセイ発売当初は「手札を捨てる」というコストが非常に重く「使い物にならない」と思われていた時期があったが、実際はマナなどを要求されるよりも手軽に支払える場面も多く、さらにブロック全体でフィーチャーされた墓地利用システムを組み合わせることでいくらでも利点に変えることができた。そのため、開発部の意図した以上に強力なカードパワーに仕上がってしまったカードもちらほら見られる(特にサイカトグ青緑スレッショルドの核となった、上記2種のクリーチャーが有名であろう)。

その反省を踏まえてか、時のらせんブロックでマッドネスやスレッショルドが再登場した際には、スタンダードで共存している共鳴者たちの性能はかなり控えめに抑えられている。

  • 狭義には、上記にもあるとおり、手札を捨てることが能力の起動コストであるパーマネントのことを指すが、一般にはより広義にとらえて手札を捨てるカード全般(例えば効果の一部として手札を捨てるマーフォークの物あさり/Merfolk Looterなど)も含めて指すことが多い。

[編集] 参考

QR Code.gif