凶暴な一振り/Savage Swipe

提供:MTG Wiki

移動: 案内, 検索

Savage Swipe / 凶暴な一振り (緑)
ソーサリー

あなたがコントロールしているクリーチャー1体と、あなたがコントロールしていないクリーチャー1体を対象とする。その前者のパワーが2であるなら、ターン終了時まで、それは+2/+2の修整を受ける。その前者はその後者と格闘を行う。(それぞれはもう一方に自身のパワーに等しい点数のダメージを与える。)


条件次第で強化も同時に行える格闘呪文

条件を満たさなくとも捕食/Prey Upon相当であり、その上位互換リミテッドでは貴重な除去枠。できるだけパワー2のクリーチャーに使いたくなるのが人情だが、それだとタフネス4までしか除去できないので、現実的にはもっと大型のクリーチャーに使うことが多いだろう。

ルール文章にはそうは書いていないものの、イラスト通り、部族支援カードのようなもの。熊デッキを組むならぜひとも使いたい。

パウパーストンピィでは勇壮な対決/Epic Confrontationよりも更に軽くなった除去として採用される。怨恨/Rancor吠え群れの飢え/Hunger of the Howlpack強化すると条件の範囲外になってしまうが、投入されるクリーチャーの殆どがパワー2なためほとんど問題がない。条件を達成していなくても1マナという軽さで格闘除去を行えるので、メインデッキに4枚投入するのが標準となっている。このカードの登場によりストンピィは再びメタゲーム上位となった。苦手な幸運を祈る者/Wellwisher道の探求者/Seeker of the Wayに対してメインデッキから対処することができるため。

  • この呪文唱えるには、あなたコントロールしているクリーチャー1体と、あなたがコントロールしていないクリーチャー1体が対象として必要となる。強化だけを目的として唱えることはできない。
  • 解決時に後者の対象が不正な対象である場合、(条件が合致するなら)強化のみが行われ、格闘は実行されない。
  • パワー2であるかどうかは解決時にチェックするので、例えばパワー2のクリーチャーを対象にし、対応して巨大化/Giant Growthを使った場合、解決時にはパワー5であるためボーナスを得られない。つまり、このカードでボーナスを得るつもりであれば、どうやってもパワー4で格闘することになる。

参考

QR Code.gif