対立/Opposition

提供:MTG Wiki

2020年12月2日 (水) 21:29時点における053 (トーク | 投稿記録)による版
(差分) ←前の版 | 最新版 (差分) | 次の版→ (差分)
移動: 案内, 検索

Opposition / 対立 (2)(青)(青)
エンチャント

あなたがコントロールするアンタップ状態のクリーチャー1体をタップする:アーティファクト1つかクリーチャー1体か土地1つを対象とし、それをタップする。


自分のクリーチャーがすべてタッパーになるエンチャント。大量のクリーチャーを並べると、強力なボードコントロール能力を発揮する。

複数のパーマネント、特に土地を永続的にタップできることから、他のカードとの組み合わせにより強力なロックを形成する。これをキーカードにしたさまざまなデッキを生み出した。→対立

ブロック錯乱した隠遁者/Deranged Hermitを始めとしたトークン量産手段と組み合わさると、毎ターンアップキープに全ての土地とクリーチャーとアーティファクトがタップされてしまい、強烈なロック状態となる(→リス対立苗木対立)。また、静態の宝珠/Static Orbのようなアンタップ阻止手段と組み合わせてもロック状態を作り上げることができる(→対立オーブ)。

ウルザは自分が正気だと言ってる。多分そうなんだろう。しかしプレインズウォーカーの正気の度合いは、判断が難しいからな。
バリン

[編集] 参考

QR Code.gif