明けの星、陽星/Yosei, the Morning Star

提供:MTG Wiki

2018年7月9日 (月) 23:46時点におけるTaxin (トーク | 投稿記録)による版
(差分) ←前の版 | 最新版 (差分) | 次の版→ (差分)
移動: 案内, 検索

Yosei, the Morning Star / 明けの星、陽星 (4)(白)(白)
伝説のクリーチャー — ドラゴン(Dragon) スピリット(Spirit)

飛行
明けの星、陽星が死亡したとき、プレイヤー1人を対象とする。そのプレイヤーは、自分の次のアンタップ・ステップを飛ばす。そのプレイヤーがコントロールするパーマネントを最大5つまで対象とし、それらをタップする。

5/5

神河物語における伝説のドラゴンスピリットサイクル版。死亡するとパーマネント5つをしばらく封じておくことができる能力を持つ。

回避能力持ちの大型クリーチャーであり、除去されても体制を整え直す時間を稼げるとあって、フィニッシャーとしての資質が高い。何らかの手段で再利用することができればかなり強力なロック手段となる。よりよい品物白けち誰がために鐘は鳴るなど、様々なデッキでフィニッシャー、あるいはコンボパーツとして採用された。

[編集] ルール

  • 5つのパーマネントは、互いに異なっていなければならない。もっとも、対象を4つ以下にしてもよいし、タップ状態のパーマネントも対象として適正である。
  • この効果アンタップ・ステップ飛ばすため、タップさせた5つのパーマネント以外もアンタップしない。
  • あなたコントロールする陽星を1ターンに2体死亡させると、対戦相手のアンタップ・ステップは2回飛ばされる。
    • 似たような効果の疲労困憊/Exhaustionとの挙動の本質的な違いは、アンタップ・ステップを「飛ばす」ということである。1つ目の「飛ばす」によりアンタップ・ステップがなくなるため、2つ目の「飛ばす」は同ステップでは適用できず、その対戦相手の次のアンタップ・ステップを待つことになる。
  • プレイヤーを対象に取れないなら、パーマネントをタップさせることもできない。そのため象牙の仮面/Ivory Maskなどで対処することが可能。
    • 対戦相手に上記の様にされた場合は自分を対象にしなければならないが、パーマネントは0個の対象を取るようにすれば被害は少なくて済む(アンタップ・ステップはやはり飛ばされてしまう)。
  • プレイヤーが(対象に取ったあとで)対象不適正になったら、アンタップ・ステップは飛ばされないが、パーマネントはタップする。

[編集] 関連カード

[編集] サイクル

神河物語伝説のドラゴンスピリットサイクル。いずれも6マナ5/5飛行で、死亡したときに誘発する誘発型能力を持つ。イラストは全て日本人イラストレーターの手によるもの。Modern Mastersでは神話レアとして再録された。アイコニックマスターズではレアで、それぞれ新規イラストで再録された。

[編集] 参考

QR Code.gif