汚れ/Befoul

提供:MTG Wiki

(版間での差分)
移動: 案内, 検索
 
1行: 1行:
 
{{#card:Befoul}}
 
{{#card:Befoul}}
  
[[闇への追放/Dark Banishing]]に1[[マナ]]足すことで、[[土地]]も[[除去]]できるようになった。4マナの[[ソーサリー]]なので[[クリーチャー]]除去として使うには[[重い]]が、[[ノンクリーチャー]]相手でも[[腐る]]心配がない。
+
[[闇への追放/Dark Banishing]]に1[[マナ]]足すことで、[[土地]]も[[除去]]できるようになった。4マナの[[ソーサリー]]なので[[クリーチャー]]除去として使うには[[重い]]が、[[黒単色デッキ]]や[[ノンクリーチャー]]相手でも[[腐る]]心配がない。
  
 
2つの[[エキスパンション]]と[[第7版]]に収録されているにもかかわらず、[[構築]]では目立たない存在である。前述の通り、重さが最大の欠点になっており、いつの時代も他のもっと[[軽い]]除去が[[デッキ]]の[[スロット]]を占めてしまうのである。
 
2つの[[エキスパンション]]と[[第7版]]に収録されているにもかかわらず、[[構築]]では目立たない存在である。前述の通り、重さが最大の欠点になっており、いつの時代も他のもっと[[軽い]]除去が[[デッキ]]の[[スロット]]を占めてしまうのである。

2019年6月7日 (金) 16:03時点における最新版


Befoul / 汚れ (2)(黒)(黒)
ソーサリー

土地1つか黒でないクリーチャー1体を対象とし、それを破壊する。それは再生できない。


闇への追放/Dark Banishingに1マナ足すことで、土地除去できるようになった。4マナのソーサリーなのでクリーチャー除去として使うには重いが、黒単色デッキノンクリーチャー相手でも腐る心配がない。

2つのエキスパンション第7版に収録されているにもかかわらず、構築では目立たない存在である。前述の通り、重さが最大の欠点になっており、いつの時代も他のもっと軽い除去がデッキスロットを占めてしまうのである。

[編集] 関連カード

土地1つかクリーチャー1体を破壊できるカード。特筆しない限り黒ダブルシンボルのソーサリーで再生可能。土地のみを破壊できるものは陥没孔/Sinkhole石の雨/Stone Rainを、クリーチャーのみを破壊するものは殺害/Murderを参照のこと。

土地とクリーチャー両方を一度に破壊できるカード。全体除去版はジョークルホープス/Jokulhaupsを参照。

[編集] ストーリー

ウルザズ・サーガ版は、セラの領土/Serra's Realmを汚染するファイレクシア/Phyrexia黒マナ、そして迫り繰る黒いけがれに恐れおののくSerran(セラ人)を描いている(イラスト)。このセラ人女性は法の信奉者/Disciple of Lawの一員と思われる(イラスト)。

[編集] 参考

QR Code.gif