消耗した全能/Fraying Omnipotence

提供:MTG Wiki

2019年6月8日 (土) 08:37時点におけるTaxin (トーク | 投稿記録)による版
(差分) ←前の版 | 最新版 (差分) | 次の版→ (差分)
移動: 案内, 検索

Fraying Omnipotence / 消耗した全能 (3)(黒)(黒)
ソーサリー

各プレイヤーはそれぞれ、自分のライフの半分を失い、自分の手札にあるカードの半数を捨て、その後自分がコントロールしているクリーチャーの半数を生け贄に捧げる。それぞれの端数は切り上げる。


ライフロス手札破壊クリーチャー除去と3種類のリソースを奪うコントロール呪文悪疫/Poxリメイク

悪疫に比べ5マナ重くなったが、その代わりに割合が半分に上がっている。悪疫や小悪疫/Smallpox死の雲/Death Cloudとの大きな違いは土地破壊効果が無いこと。マナ基盤を攻めにくくなったが、アーティファクトエンチャントに加えて土地という形で自分のリソースを残しやすくもなった。

[編集] 関連カード

[編集] サイクル

基本セット2019の、ニコル・ボーラス/Nicol Bolasに関する呪文サイクル。ボーラスのであるに1枚ずつ存在する。力の頂点のみ神話レア。残り2枚はレア

[編集] ストーリー

サイクルの2枚目。大修復/The Mendingによりプレインズウォーカー/Planeswalkerの本質が変化し、ニコル・ボーラス/Nicol Bolasは「神にも等しき力」を失った(イラスト)。

多元宇宙を救った大修復は、同時にニコル・ボーラスの力を磨り減らした。

[編集] 参考

QR Code.gif