提供:MTG Wiki

(版間での差分)
移動: 案内, 検索
 
(11人の利用者による、間の18版が非表示)
1行: 1行:
'''熊'''(''Bear'')は、
+
{{Otheruses|[[クリーチャー・タイプ]]|俗称|(俗称)}}
#[[クリーチャー・タイプ]]の1つ。:[[熊#熊(クリーチャー・タイプ)|熊(クリーチャー・タイプ)]]を参照。
+
#[[クリーチャー]]の俗称。:[[#熊(俗称)|熊(俗称)]]を参照。
+
  
= 熊(クリーチャー・タイプ) =
+
'''熊'''/''Bear''[[クリーチャー・タイプ]]の1つ。ネコ目クマ科の動物。
'''熊'''''Bear'')は[[クリーチャー・タイプ]]の1つである。そのほとんどは[[緑]]であるが、白熊として[[白]]であるものも存在する。
+
  
 
{{#card:Grizzly Bears}}
 
{{#card:Grizzly Bears}}
 
 
{{#card:Spectral Bears}}
 
{{#card:Spectral Bears}}
 +
{{#card:Ayula, Queen Among Bears}}
  
[[ポータル]]系列の5種類を含め、全13種類存在するが、そのうち4種類は2[[マナ]]2/2の[[バニラ]](2006年7月現在)。つまり熊の中には、[[カード名]][[エキスパンション・シンボル]]以外の、[[ゲーム]]に関わる情報が完全に一致するものが4種類存在する。
+
初出は[[リミテッド・エディション]][[灰色熊/Grizzly Bears]][[基本セット]]の顔の1つとして何度か収録されたカードであり、俗称としての「[[熊 (俗称)|熊]]」もそれに由来するものである。[[マジック・オリジン]]以降は灰色熊(およびその後継の[[ルーン爪の熊/Runeclaw Bear]])の収録が途絶えてしまっているものの、時折新種が登場している。
  
[[灰毛の定め/Grizzly Fate]][[野生の言葉/Words of Wilding]]など、熊[[クリーチャー]][[トークン]]を出す[[カード]]もいくつかある。なお、それらのトークンの多くもやはり2/2である。
+
[[]][[熊の守護霊体/Ursine Fylgja]][[]][[幻影の熊/Phantasmal Bear]]を除き、すべて[[]]
  
== 参考 ==
+
熊を参照する[[ロード (俗称)|ロード]]的存在として、[[熊の女王、アイユーラ/Ayula, Queen Among Bears]]がある。
*{{WHISPER検索/サブタイプ|Bear|熊(Bear)}}
+
*{{WHISPER検索/カードテキスト|熊(Bear)クリーチャー・トークン}}
+
*[[クリーチャー・タイプ解説]]
+
  
= 熊(俗称) =
+
熊・[[トークン]][[生成]]する[[カード]][[灰毛の定め/Grizzly Fate]]や[[野生の言葉/Words of Wilding]]など複数存在する。それらのトークンもほとんどが2/2である。(→[[トークン一覧]]
'''熊'''(''Bear'')は、[[点数で見たマナ・コスト]]が2であり、かつ[[P/T]]が2/2である[[クリーチャー]]の総称である。[[灰色熊/Grizzly Bears]]の性能に由来する。
+
  
勘違いされやすい点であるが、この俗称はその[[クリーチャー]][[クリーチャー・タイプ]]が[[熊#熊(クリーチャー・タイプ)|熊]]であることを意味するわけではない。
+
[[伝説の]]熊は[[カル・シスマの恐怖、殺し爪/Goreclaw, Terror of Qal Sisma]]と熊の女王、アイユーラの2枚のみ。
  
== 概要 ==
+
*熊に変化するカードに[[熊のチャンピオン/Ursine Champion]]がある。
熊は、広義では[[点数で見たマナ・コスト]]が2で[[パワー]]が2である[[クリーチャー]]のことを、狭義では[[灰色熊/Grizzly Bears]]と同等、もしくはその[[上位互換]]であるクリーチャーのことを指す。
+
  
[[テンペスト]]を開発する際、[[R&D]]は、[[灰色熊/Grizzly Bears]]の[[上位互換]]を各[[ブロック]]ごとに1体以上作る方針を定めた。その先兵たるものが[[筋肉スリヴァー/Muscle Sliver]]である。ただし、その次に熊が登場したのは[[インベイジョン・ブロック]]である。また、[[ミラディン・ブロック]]では[[白]]に2体存在するのみであった。
+
==参考==
 
+
*{{WHISPER検索/サブタイプ|Bear|熊(Bear)}}
[[緑]]と[[白]]の熊にはメリット[[能力]]が、他の3[[色]]にはデメリット能力が付与されることが多い。
+
*{{WHISPER検索/カードテキスト|{Bear}|熊}}
 
+
*[[クリーチャー・タイプ解説]]
2008年現在、おそらく最強の熊は[[野生の雑種犬/Wild Mongrel]]であろうと言われている。
+
 
+
*同様に3[[マナ]]2/2[[クリーチャー]]を[[灰色オーガ/Gray Ogre|オーガ]]、3/3クリーチャーを[[訓練されたアーモドン/Trained Armodon|象]]と呼ぶことがある。
+
  
== 参考 ==
+
[[Category:クリーチャー・タイプ|くま]]
*[[カードの俗称]]
+
*[http://whisper.wisdom-guild.net/search.php?c_more=2&c_less=2&p_more=2&p_less=2&t_more=2&t_less=2 2マナ2/2で検索]
+

2019年9月26日 (木) 06:25時点における最新版

/Bearクリーチャー・タイプの1つ。ネコ目クマ科の動物。


Grizzly Bears / 灰色熊 (1)(緑)
クリーチャー — 熊(Bear)

2/2


Spectral Bears (1)(緑)
クリーチャー — 熊(Bear) スピリット(Spirit)

Spectral Bearsが攻撃するたび、防御プレイヤーが黒のトークンでないパーマネントをコントロールしていない場合、それはあなたの次のアンタップ・ステップにアンタップしない。

3/3


Ayula, Queen Among Bears / 熊の女王、アイユーラ (1)(緑)
伝説のクリーチャー — 熊(Bear)

他の熊(Bear)が1体あなたのコントロール下で戦場に出るたび、以下から1つを選ぶ。
・熊1体を対象とし、それの上に+1/+1カウンターを2個置く。
・あなたがコントロールしている熊1体と、あなたがコントロールしていないクリーチャー1体を対象とする。その前者はその後者と格闘を行う。

2/2

初出はリミテッド・エディション灰色熊/Grizzly Bears基本セットの顔の1つとして何度か収録されたカードであり、俗称としての「」もそれに由来するものである。マジック・オリジン以降は灰色熊(およびその後継のルーン爪の熊/Runeclaw Bear)の収録が途絶えてしまっているものの、時折新種が登場している。

熊の守護霊体/Ursine Fylgja幻影の熊/Phantasmal Bearを除き、すべて

熊を参照するロード的存在として、熊の女王、アイユーラ/Ayula, Queen Among Bearsがある。

熊・トークン生成するカード灰毛の定め/Grizzly Fate野生の言葉/Words of Wildingなど複数存在する。それらのトークンもほとんどが2/2である。(→トークン一覧

伝説の熊はカル・シスマの恐怖、殺し爪/Goreclaw, Terror of Qal Sismaと熊の女王、アイユーラの2枚のみ。

[編集] 参考

QR Code.gif