目くらまし/Daze

提供:MTG Wiki

(版間での差分)
移動: 案内, 検索
(Pauperで禁止)
 
16行: 16行:
  
 
*エターナルマスターズでは{{Gatherer|id=414084|新規イラスト}}で収録され、その際に稀少度が[[アンコモン]]に格上げされた。
 
*エターナルマスターズでは{{Gatherer|id=414084|新規イラスト}}で収録され、その際に稀少度が[[アンコモン]]に格上げされた。
*このカードから、不確定カウンターを警戒して支払い用のマナを残しておく[[プレイング]]を「デイズケア」という。
+
*このカードから、不確定カウンターを警戒して支払い用のマナを残しておく[[プレイング]]を通称「デイズケア」と呼ぶ。
  
==制限・禁止==
+
[[2019年]]5月20日、[[Pauper]]において[[禁止カード]]に指定された。隙を見せずゲームプランを整えられることが問題視された<ref>[https://magic.wizards.com/en/articles/archive/news/may-20-2019-banned-and-restricted-announcement May 20, 2019 Banned and Restricted Announcement]/[https://mtg-jp.com/reading/publicity/0032539/ 2019年5月20日 禁止制限告知](News 2019年5月20日 [[Ian Duke]]著)</ref>。
[[2019年]]5月20日に、[[Pauper]]において禁止カードに指定された。隙を見せる瞬間をつくらずに[[キャントリップ]]を唱えて、ゲームプランを準備することに[[マナ]]を使うことができるようにすることが問題視された<ref>[https://magic.wizards.com/en/articles/archive/news/may-20-2019-banned-and-restricted-announcement May 20, 2019 Banned and Restricted Announcement]/[https://mtg-jp.com/reading/publicity/0032539/ 2019年5月20日 禁止制限告知]</ref>。
+
  
 
==脚注==
 
==脚注==

2019年5月21日 (火) 06:18時点における最新版


Daze / 目くらまし (1)(青)
インスタント

あなたは、この呪文のマナ・コストを支払うのではなく、あなたがコントロールする島(Island)を1つ、オーナーの手札に戻すことを選んでもよい。
呪文1つを対象とし、それをそれのコントローラーが(1)を支払わないかぎり、打ち消す。


ピッチスペル不確定カウンター。1マナ重くした代わりに代替コストでも唱えられる魔力の乱れ/Force Spike

ピッチスペルとしての常で、その存在自体がいくらかの牽制になり、またパーミッション同士で起こる打ち消し呪文の掛け合いにおいてすさまじい威力を発揮するため、マスクス・ブロック構築からエターナルまで、さまざまなフォーマットで活躍している。

を1枚手札に戻してしまうというのは小さからぬテンポロスであり、最序盤に使うと後々の展開に大きな悪影響が起きかねない。特にじっくり土地を伸ばしたい長期戦志向のデッキでは見た目以上に厳しい損失となる。しかし逆に、既にクロックロックのためのパーマネントを展開した後でそれを守るために使うならそこまで痛くない。その特性上、クロック・パーミッションタイプのデッキと相性が良く、使用可能なフォーマットにおけるその手のデッキでは4枚積まれていることも多い。

マスクス・ブロック当時に流行したライジングウォーターブルーオーブなどのマナ拘束ロックデッキと極めて相性がよかった。マナを用意しづらい状況を作ることで打ち消しが成功しやすくなることに加え、自分のタップ状態の島を手札に戻せる点も有利に働く。戻した島は改めてプレイして再利用するだけでなく、さらに撃退/Foilピッチコストに充てられることも多かった。

エターナルは多色環境だが、デュアルランドがあるため問題なく使用できる。軽いカードが多くマナ基盤がタイトな環境であるため、こちらの展開を阻害せずに序盤から牽制できる性質は非常に心強い。中盤以降でも打ち消しの機会は少なくないし、最悪でも意志の力/Force of Willの代替コストにできるので無駄にならない。

また、コモンなのでPauperでも使用可能だった。しかしPauperはエターナルほどは早くはない上にデュアルランドも無く、これをコストに当てられる有用な代替コストを持つカードも少ないことから他の環境よりも腐りやすく、そこまで多く使われているカードではなかった。それでも序盤の攻防にこれが有用となる場面は少なくないため、系のクロック・パーミッションデッキで使われていた。特に撃退/Foilがコモンで再録されてからは非常に高い使用率となった。

その需要の多さから、コモンながら並のレア以上の高額で取引されるカードとなっている。特にMagic Onlineではマスクス・ブロックがマスクス・ブロック・ブースターという特殊な形態で発売していた関係上、コモンであってもかなり出にくくなっていることから、並のレアどころかトップクラスの神話レア並の扱いで取引されていた。その後エターナルマスターズへの再録、Magic Onlineでの販売開始によって新たな供給源ができたため、ある程度の落ち着きを見せている。

  • エターナルマスターズでは新規イラストで収録され、その際に稀少度がアンコモンに格上げされた。
  • このカードから、不確定カウンターを警戒して支払い用のマナを残しておくプレイングを通称「デイズケア」と呼ぶ。

2019年5月20日、Pauperにおいて禁止カードに指定された。隙を見せずゲームプランを整えられることが問題視された[1]

[編集] 脚注

  1. May 20, 2019 Banned and Restricted Announcement/2019年5月20日 禁止制限告知(News 2019年5月20日 Ian Duke著)

[編集] 参考

QR Code.gif