空虚自身/One with Nothing

提供:MTG Wiki

(版間での差分)
移動: 案内, 検索
(119.104.18.23トーク)による第172080版を取り消し)
 
(2人の利用者による、間の2版が非表示)
12行: 12行:
 
しかし、[[プロツアーホノルル06]]で[[ハウリング・オウル]]対策として[[サイドボード]]に採用されたという実績を持つカードでもある。
 
しかし、[[プロツアーホノルル06]]で[[ハウリング・オウル]]対策として[[サイドボード]]に採用されたという実績を持つカードでもある。
  
また、上記のカードはいずれも[[モダン]]において使用不可([[ドラゴンの迷路]]現在)であり、いまだモダンにて現実的な代替カードは存在していないのも事実である。
+
また、上記のカードはいずれも[[モダン]]において使用不可であり、いまだモダンにて現実的な代替カードは存在していないのも事実である。そのため、[[マッドネス]]など「手札を捨てる」ことと相性のいいカードが出てくるたびににわかに注目され、そして忘れられる…ということが起こる。
  
 
*[[集団意識/Hive Mind]]との[[コンボ]]がたまに挙げられるが、[[機知の終わり/Wit's End]]や[[時間の滝/Temporal Cascade]]で事足りるため実用的とは言い難い。そもそも、[[契約]]とのコンボのほうがはるかに強力である。
 
*[[集団意識/Hive Mind]]との[[コンボ]]がたまに挙げられるが、[[機知の終わり/Wit's End]]や[[時間の滝/Temporal Cascade]]で事足りるため実用的とは言い難い。そもそも、[[契約]]とのコンボのほうがはるかに強力である。

2018年8月22日 (水) 21:40時点における最新版


One with Nothing / 空虚自身 (黒)
インスタント

あなたの手札を捨てる。


1マナ自分手札をすべて捨てるインスタント。むろん、何かと併用しなければ自殺行為である。

暴勇デッキマッドネスデッキといった手札を積極的に捨てるデッキや、フラッシュバックなどの墓地利用デッキなど、このカードを活かせるデッキはいくらでも考えられる。しかし、下記のようにこれより優れたカードが色々と存在するため余程のことがない限りは使いたいものではなく、かなりのカスレアと評価せざるを得ない。

カードの例
同じ1マナ、インスタント・タイミングで捨てる枚数が調整可能
  1. 朽ちゆくインプ/Putrid Impクリーチャー。再使用可能)
  2. 聖なる儀式/Sacred Ritesのインスタント。タフネス全体強化
  3. 入門の儀式/Rites of Initiationのインスタント。パワー全体強化)

しかし、プロツアーホノルル06ハウリング・オウル対策としてサイドボードに採用されたという実績を持つカードでもある。

また、上記のカードはいずれもモダンにおいて使用不可であり、いまだモダンにて現実的な代替カードは存在していないのも事実である。そのため、マッドネスなど「手札を捨てる」ことと相性のいいカードが出てくるたびににわかに注目され、そして忘れられる…ということが起こる。

[編集] 参考

QR Code.gif