要塞の計略/Stronghold Gambit

提供:MTG Wiki

移動: 案内, 検索

Stronghold Gambit / 要塞の計略 (1)(赤)
ソーサリー

各プレイヤーは、自分の手札からカードを1枚選ぶ。その後、すべてのプレイヤーは選んだカードを公開する。これにより公開された、点数で見たマナ・コストが最も低い各クリーチャー・カードのオーナーは、それを戦場に出す。


駆け引きに勝てればマナ支払わずにクリーチャーを1体戦場に出すことができる、ギャンブル色の強いらしいソーサリー

何もお膳立てをしなければ対戦相手との腹の探り合いになるが、相手の手札にクリーチャー・カードが無ければ、どんなに莫大な点数で見たマナ・コストを持つクリーチャーであろうが出せることになる。登場当初は評価が低かったが、コスト踏み倒しカードの例に漏れずグリセルブランド/Griselbrandなど「出れば勝ち」レベルのファッティが増加したため評価が上がっている。

レガシーではを使わないタイプのリアニメイトサイドボードに投入されることがある。クリーチャーの少ないデッキ相手に使う、手札破壊で事前に相手の手札を確認するなど、使い方を工夫すれば1マナ軽い実物提示教育/Show and Tellのように利用できるシーンも多い。デッキによっては燃え立つ願い/Burning Wishを経由して使われることも。

リミテッドではクリーチャー戦が主体となる上、お膳立ても難しいで採用の目はないと思われる。

[編集] 参考

QR Code.gif