貫く幻視の祭殿/Shrine of Piercing Vision

提供:MTG Wiki

2011年9月17日 (土) 17:06時点におけるHlk (トーク | 投稿記録)による版
(差分) ←前の版 | 最新版 (差分) | 次の版→ (差分)
移動: 案内, 検索

Shrine of Piercing Vision / 貫く幻視の祭殿 (2)
アーティファクト

あなたのアップキープの開始時か、あなたが青の呪文を唱えるたび、貫く幻視の祭殿の上に蓄積(charge)カウンターを1個置く。
(T),貫く幻視の祭殿を生け贄に捧げる:あなたのライブラリーの一番上からX枚のカードを見る。Xは、貫く幻視の祭殿の上に置かれていた蓄積カウンターの数である。それらのカードのうち1枚をあなたの手札に加え、残りをあなたのライブラリーの一番下に望む順番で置く。


の祭殿は衝動/Impulseに類似した限定的なサーチ

蓄積カウンターを最低でも1つは載せなければ起動しても何も手札に加えることができないなど、サイクルに共通した悠長さはあるものの、2マナ軽く無色であり、起動コストにマナを含まず、サーチ先のカード・タイプも選ばないため、青系デッキの潤滑油としては及第点といえるだろう。

スタンダードではコンボデッキ欠片の双子にしばしば採用される。

リミテッドでもそれなりに活躍できる。が合っていて、強力なエンドカードがデッキにある場合には積極的に採用できるだろう。

[編集] 関連カード

[編集] サイクル

新たなるファイレクシアの祭殿サイクルアップキープ開始時か対応する呪文唱えるたびに蓄積カウンターが置かれる誘発型能力と、生け贄に捧げることで起動して蓄積カウンターの数だけの効果を生み出す起動型能力を持つアーティファクト

いずれのカードにも、イラストカーン/Karnの像が描かれている(参考)。

[編集] 参考

QR Code.gif