骨断ちの矛槍/Bonesplitter

提供:MTG Wiki

(版間での差分)
移動: 案内, 検索
 
18行: 18行:
 
*[[放射篭手/Torch Gauntlet]] - (2)。装備コスト(2)。[[下位互換]]。([[カラデシュ]])
 
*[[放射篭手/Torch Gauntlet]] - (2)。装備コスト(2)。[[下位互換]]。([[カラデシュ]])
 
*[[匪賊の斧/Marauder's Axe]] - 放射籠手の[[同型再版]]。([[基本セット2019]])
 
*[[匪賊の斧/Marauder's Axe]] - 放射籠手の[[同型再版]]。([[基本セット2019]])
 +
*[[青銅の剣/Bronze Sword]] - (1)。装備コスト(3)。下位互換。([[テーロス還魂記]])
  
 
==参考==
 
==参考==
 
*[[カード個別評価:ミラディン]] - [[コモン]]
 
*[[カード個別評価:ミラディン]] - [[コモン]]
 
*[[カード個別評価:Modern Masters]] - [[コモン]]
 
*[[カード個別評価:Modern Masters]] - [[コモン]]

2020年1月19日 (日) 22:21時点における最新版


Bonesplitter / 骨断ちの矛槍 (1)
アーティファクト — 装備品(Equipment)

装備しているクリーチャーは+2/+0の修整を受ける。
装備(1)


レオニンの円月刀/Leonin Scimitarと共に、ミラディンの基本的な装備品。こちらは修整値がより攻撃的となっている。

エクイップや一部の初期型親和、また多くの高速ビートダウン系デッキで使われてきたが、電結親和が完成に向かうにつれ、これを使うデッキは淘汰されてしまう。頭蓋骨絞め/Skullclamp頭蓋囲い/Cranial Platingなど、他に非常に強力な装備品が登場したことも逆風となった。親和デッキが退場したのちエクイップが再び注目されたものの、結局大成はしなかったようだ。性能自体は高いのだが、時代に恵まれなかった悲運のカードである。

現在の主戦場はパウパー親和ストンピィデルバーなどでの採用が見られる。

リミテッドでは多くの装備品同様に凶悪。特に序盤からフライヤー装備して、10点以上のライフを削り取って勝利するパターンが頻発した。

[編集] 関連カード

[編集] 類似カード

+2/+0修整を与える装備品。

[編集] 参考

QR Code.gif