むかしむかし/Once Upon a Time

提供:MTG Wiki

移動: 案内, 検索

Once Upon a Time / むかしむかし (1)(緑)
インスタント

この呪文があなたがこのゲームで唱えた最初の呪文であるなら、あなたはこれを、これのマナ・コストを支払うことなく唱えてもよい。
あなたのライブラリーの一番上からカードを5枚見る。あなたはその中からクリーチャーか土地であるカード1枚を公開してあなたの手札に加えてもよい。残りをあなたのライブラリーの一番下に無作為の順番で置く。


物語の語り始めとして舞台か登場人物を紹介するインスタントクリーチャー土地濾過し、ゲームで最初に唱える呪文ならばマナ・コストを支払うことなく唱えることができる。

初動の安定性に大きく貢献するパワーカードで、使用可能なほぼ全てのフォーマットで活躍し、構築の主要4フォーマットではレガシーを除いて禁止カードに指定された。同じように禁止された王冠泥棒、オーコ/Oko, Thief of Crownsとともに、エルドレインの王権を代表する存在。

[編集] 解説

条件を満たした0マナの衝動効果は非常に強力で、思案/Ponderなどが使えないモダン以上のフォーマットでは初動で5枚もライブラリーを見られるのは他に類を見ない効率。ゲーム開始時の手札では実質土地としてもクリーチャーとしてもカウントでき、マリガンの判断が非常に楽になる。また1ターン目に唱える必要はなく、適宜遅らせて使用する事も可能なのが裏の強み。普通に唱える場合でも未開地の捜索/Seek the Wilds上位互換であり、ピッチスペルもどきでありながらコスト・パフォーマンスはむしろ高い。

登場時のスタンダードでは、ゴロス・ランプ食物出来事など、を含むミッドレンジランプ系のデッキで広く使われていた。パイオニアでも使用可能な間はずっと緑系デッキのスロットを占有し続けた。モダンでも当初アミュレット・タイタンなどのクリーチャーや土地をキーカードとするコンボデッキで採用されていたが、次第に素で唱えてもカードパワー負けしない事が知られるにつれアグロコントロール含め緑絡みであればほとんどのデッキで見かけるようになる。

レガシーでも大抵の緑系デッキで考慮され得るが、特にヘックスメイジ・デプスエルフホガークでは必須に近い。

  • "once upon a time"は童話の始まりに使われる文句で、日本語の「むかしむかし」に相当する。

[編集] 禁止指定

2019年11月22日(Magic: The Gathering ArenaMagic Onlineでは11月18日)より、スタンダード禁止カードに指定される[1]食物デッキの支配だけでなく、競技メタゲームにおいてのデッキが多すぎることもこの環境の問題点であった。このカードは初動の高い安定性に貢献し、緑と他のとの序盤のマナ基盤の差を大きくしていた。

2019年12月3日より、パイオニアで禁止カードに指定される[2]。このカードを共通要素とした緑のデッキの全般的な流行と支配が理由。

2019年12月10日の告知後、ヒストリックで一時停止(暫定的な使用禁止)に指定され[3]2020年3月10日(アリーナでは3月12日)より、正式な禁止カードに指定される[4]

2020年3月10日より、モダンで禁止カードに指定される[4]。使用率の高さ、初動を安定させゲームプレイの進行の多様性を損ねていること、そして将来的にもデザイン上の制約となることが問題視された。

[編集] 開発秘話

これはカード名からトップダウン・デザインで作られたカードであり、その名前から緑になった(緑は運命、および世界における自分の役割を果たすことに関する色である)。最初は力線のような、ゲーム開始時の手札にある場合に効果を発揮するデザインだったが、後に力線に似ているがいくらか異なる空間に感じられる、現在の形に変更された。効果はゲームの最初にしたいことで緑らしいもの、すなわちクリーチャーか土地を手札に加える衝動になった[5]

[編集] 脚注

  1. November 18, 2019 Banned and Restricted Announcement/2019年11月18日 禁止制限告知
  2. December 2, 2019 Pioneer Banned Announcement/2019年12月2日 パイオニア禁止告知
  3. Historic Suspension Announcement/ヒストリック一時停止告知
  4. 4.0 4.1 March 9, 2020 Banned and Restricted Announcement/2020年3月9日 禁止制限告知
  5. Eldraine Check, Part 3/エルドレイン・チェック その3Making Magic 2019年10月7日 Mark Rosewater著)

[編集] 参考

QR Code.gif
データベース・エラー - MTG Wiki

データベース・エラー

提供:MTG Wiki

移動: 案内, 検索
データベースクエリの構文エラーが発生しました。 ソフトウェアにバグがある可能性があります。 最後に実行を試みたクエリは次の通りです: 関数「SiteStatsUpdate::doUpdate」内
(SQLクエリ非表示)
。 データベースの返したエラー「1205:Lock wait timeout exceeded; try restarting transaction (10.12.2.8)
QR Code.gif