アウフ

提供:MTG Wiki

移動: 案内, 検索

アウフ/Oupheクリーチャー・タイプの1つである。


Brown Ouphe / 茶色のアウフ (緑)
クリーチャー — アウフ(Ouphe)

(1)(緑),(T):アーティファクトの起動型能力1つを対象とし、それを打ち消す。(マナ能力は対象にできない。)

1/1


Spellwild Ouphe / 呪文狂いのアウフ (1)(緑)
クリーチャー — アウフ(Ouphe)

呪文狂いのアウフを対象とする呪文は、それを唱えるためのコストが(2)少なくなる。

1/3


Kitchen Finks / 台所の嫌がらせ屋 (1)(緑/白)(緑/白)
クリーチャー — アウフ(Ouphe)

台所の嫌がらせ屋が戦場に出たとき、あなたは2点のライフを得る。
頑強(このクリーチャーが死亡したとき、その上に-1/-1カウンターが置かれていなかった場合、それを-1/-1カウンターが1個置かれた状態でオーナーのコントロール下で戦場に戻す。)

3/2

初出はアイスエイジ茶色のアウフ/Brown Ouphe。その後しばらく新種は登場しなかったが、ミラディンに茶色のアウフが再録され、同ブロックフィフス・ドーンでは新種であるアウフの蛮人/Ouphe Vandalsが登場した。その後再び鳴りを潜めるが、未来予知で3体目の呪文狂いのアウフ/Spellwild Oupheフューチャーシフトとして登場した。さらにクリーチャー・タイプ大再編によってフィンドホーンのブラウニー/Fyndhorn BrowniePykniteが、遅れてPhyrexian GremlinsShelkin BrownieNiall Silvainがそれぞれアウフに統合された(Phyrexian Gremlinsはミラディン包囲戦発売時に元々のクリーチャー・タイプであるグレムリンに戻ることになった)。その後もシャドウムーア・ブロックで4種、モダンホライゾンで1種のアウフが新登場している。

薄暮の小僧/Dusk Urchinsを除いてすべてか緑を含む多色である。のアウフは存在しない。

いずれも小型フィフス・ドーンまでに登場した2体はアーティファクト発生源である起動型能力打ち消す能力を持っているが、のちのカードは特に共通したデザインは無い。

[編集] 参考

QR Code.gif