イーオスのレインジャー/Ranger of Eos

提供:MTG Wiki

移動: 案内, 検索

Ranger of Eos / イーオスのレインジャー (3)(白)
クリーチャー — 人間(Human) 兵士(Soldier)

イーオスのレインジャーが戦場に出たとき、あなたはあなたのライブラリーから点数で見たマナ・コストが1以下のクリーチャー・カードを最大2枚まで探し、それらを公開してあなたの手札に加えてもよい。そうした場合、あなたのライブラリーを切り直す。

3/2

ETB能力クリーチャーサーチを行えるバントのクリーチャー。点数で見たマナ・コストが1以下のカード限定とはいえ、4マナハンド・アドバンテージが稼げるカードはというでは異色の存在。中盤から終盤にかけての息切れを防ぎ、加えて3/2という標準の戦闘力を備えたクリーチャーも戦線に追加できるのだから、スペックの高さは疑いようがない。

スタンダード環境でのサーチ候補としては、同色ならば運命の大立者/Figure of Destinyゴールドメドウの重鎮/Goldmeadow Stalwartなど、キスキンデッキの主力クリーチャーや、ブレンタンの炉の世話人/Burrenton Forge-Tenderエルフの呪詛狩り/Elvish Hexhunterといったシルバーバレット要員、他色ならばモグの狂信者/Mogg Fanatic遺産のドルイド/Heritage Druid炎族の先触れ/Flamekin Harbinger目覚ましヒバリ/Reveillarkをサーチする為)と、多様な選択肢が用意されている。多色デッキを推奨する環境であり、このカード自体の色拘束も薄いので、様々なデッキ構築を可能としてくれるだろう。

スタンダードでは赤白ヒバリ赤白上陸ソウルシスターズなどで活躍した。モダンでも引き続きソウルシスターズのアドバンテージ源として採用される。

[編集] 開発秘話

当初はシャドウムーア緑白混成カードとして収録される予定だったが、シャドウムーア/Shadowmoorには人間が存在しない設定で、後述のインビテーショナルカードのデザイナーを登場させることができなかったため、アラーラの断片に持ち越しとなった。また、緑白の多色カードとしてデザインされていたが、5枚の多色カードを単色に変えることを要求されたため、白らしい能力のこれは白単色へと変更された[2][3]

[編集] インビテーショナルカード

このカードはインビテーショナル06優勝者、Antoine Ruelによってデザインされたインビテーショナルカードである。

元のデザインは以下のような感じ。


非公式/非実在カード

Bibi (緑)(青)
伝説のクリーチャー ― 人間(Human) Baby

あなたがカードを引くたび、Bibiの上にyearカウンターを1個置く。
ターン終了時に、Bibiの上にyearカウンターが2個以上置かれている場合、それを反転する。

0/1
Sleur
伝説のクリーチャー ― 人間

対戦相手が自分のライブラリーを切り直す場合、代わりにあなたはそのライブラリーからカードを1枚探してもよい。そうした場合、そのプレイヤーは残りを切り直し、あなたはそのカードをそのライブラリーの一番上に置き、その後カードを1枚引く。

3/3

反転カードは現在のところ神河ブロックにしか存在していないため、変更が加えられたのは仕方ないことなのだが、闇の腹心/Dark Confidant同様、全く原型を留めていない。

[編集] 参考

  1. Topic Explosion(Savor of Flavor 2008年11月12日)
  2. In the Mailbag(Making Magic 2008年8月11日)
  3. Cards of Alara(Making Magic 2008年9月26日)
QR Code.gif