エキスパンション・シンボル

提供:MTG Wiki

移動: 案内, 検索

エキスパンション・シンボル/Expansion Symbolは、カードが含まれているセットを識別するための印。ゲームプレイやルールには関係しない。

目次

[編集] 解説

エキスパンション・シンボルは初期の基本セットを除くほとんどのセットに用意されており、一部の例外(後述)を除きタイプ行の右端に印刷されている。基本セットも第6版以降すべてに存在する(中国語簡体字版のみ第5版にも存在)。

以前はエキスパンション・シンボルも特性の1つとして扱われていたが、2013年7月13日の総合ルール更新で対エキスパンションカードのルールが変更されたことに伴い、エキスパンション・シンボルはカードの特性から取り除かれることになった。詳細は対エキスパンションカードの項を参照のこと。

[編集] エキスパンション・シンボルの色

エクソダス以降のカードは稀少度ごとに色分けされている。

ストロングホールドまでのカードは、エキスパンション・シンボルがすべて黒色になっていて稀少度の区別がつかなかった。そのため、テンペスト新緑の魔力/Verdant Forceカード画像)をコモンと勘違いする初心者もいた。

[編集] エキスパンション・シンボル一覧

セット名 エキスパンション・シンボル
エキスパンション
破滅の刻 ニコル・ボーラス/Nicol Bolasの角
アモンケット ピラミッド
霊気紛争 線条細工
カラデシュ 線条細工
異界月 エムラクール/Emrakulのシルエット
イニストラードを覆う影 逆さになったアヴァシン教会の十字架
ゲートウォッチの誓い コジレック/Kozilekの周囲に浮遊している板片
戦乱のゼンディカー ひび割れた面晶体
タルキール龍紀伝 龍の頭部(タルキール覇王譚のシンボルと輪郭が同一)
運命再編 2本の龍の爪
タルキール覇王譚 盾と2本の剣
ニクスへの旅 テーロス神々の軍勢のシンボルの組み合わせ
神々の軍勢 ゼナゴス/Xenagosの角
テーロス ヘリオッド/Heliodの葉冠と石柱
ドラゴンの迷路 ラヴニカへの回帰ギルド門侵犯のシンボルの組み合わせ
ギルド門侵犯 亀裂の入ったギルド門
ラヴニカへの回帰 法冠
アヴァシンの帰還 アヴァシン教会/The Church of Avacynの十字架
闇の隆盛 勢力が一転したイニストラード(追い詰められた人類)の象徴的表現
イニストラード 背中合わせの鷺(アヴァシンの象徴)
新たなるファイレクシア ファイレクシアのシンボル
ミラディン包囲戦 ミラディンのシンボルを貫くファイレクシアのシンボル
ミラディンの傷跡 剃刀ヶ原のタイルに黒い染み
エルドラージ覚醒 起動した面晶体
ワールドウェイク 亀裂が入った面晶体
ゼンディカー 面晶体/Hedron‎(8面体の鉱石)
アラーラ再誕 つながり合った5つの断片
コンフラックス 左右が上に曲がった5つの断片
アラーラの断片 5つの分かれた断片
イーブンタイド 沈む太陽
シャドウムーア 刈り取りの王/Reaper King
モーニングタイド 昇る太陽
ローウィン 炎族の頭
未来予知 図章化された目
次元の混乱 2つの繋がった輪(並行世界,メビウスの輪,もしくは図章化された「PC」の文字)
時のらせん 砂時計
コールドスナップ 3本のつらら
ディセンション 壊れた円から伸びる3つの矢印
ギルドパクト 二重丸に3つの矢印
ラヴニカ:ギルドの都 尖塔
神河救済 灯篭
神河謀叛 手裏剣
神河物語 鳥居(精霊界の門)
フィフス・ドーン カルドラの兜/Helm of Kaldra
ダークスティール カルドラの盾/Shield of Kaldra
ミラディン カルドラの剣/Sword of Kaldra
スカージ ドラゴンの頭部(頭蓋骨)
レギオン 盾と交差した槍
オンスロート 変異クリーチャー
ジャッジメント 天秤
トーメント ウロボロス(自分の尾を噛んで環を作る蛇または竜)
オデッセイ ミラーリ/Mirari
アポカリプス ヨーグモスのシンボル(苦痛の仮面)
プレーンシフト 渦巻き
インベイジョン ドミナリア連合のシンボル
プロフェシー 3本の水晶
ネメシス 斧(ハルバード)
メルカディアン・マスクス 仮面
ウルザズ・デスティニー 三角フラスコ
ウルザズ・レガシー 柄の長い金槌
ウルザズ・サーガ 2つの噛み合った歯車
エクソダス
ストロングホールド アーチ型の門(閉ざされた扉)
テンペスト 雷雲(ラース/Rathの障壁)
ウェザーライト 開いた本(スランの秘本/Thran Tome
ビジョンズ 図章化された"V"(戦争の三角/Triangle of War
ミラージュ 椰子(ヤシ)の木
アライアンス はためく三角旗
ホームランド ウルグローサ/Ulgrotha
アイスエイジ 雪の結晶
フォールン・エンパイア 王冠
ザ・ダーク 三日月
レジェンド ドーリア式円柱
アンティキティー 金床
アラビアンナイト 円月刀(シミター)
基本セット
マジック・オリジン 日の出とプレインズウォーカー・シンボル
基本セット2015 "M15"という文字
基本セット2014 "M14"という文字
基本セット2013 "M13"という文字
基本セット2012 "M12"という文字
基本セット2011 "M11"という文字
基本セット2010 "M10"という文字
第10版 ローマ数字の10(X)
第9版 カード3枚の背景にアラビア数字の9
第8版 カード3枚の背景にアラビア数字の8
第7版 アラビア数字の7
第6版 ローマ数字の6(VI)
第5版 なし。ただし中国語簡体字版にのみローマ数字の5(V)のエキスパンション・シンボルが存在する。
ルネッサンス 収録元のセットのもの
クロニクル 収録元のセットのもの
第4版以前の基本セット なし
ポータルシリーズ(スターター・レベル)
スターター2000 なし。第6版にあるもののみローマ数字「VI」
スターター 5つの頂点を持つ傾いた星
ポータル三国志 漢数字の「三」
ポータル・セカンドエイジ 五角形の次元の門
ポータル 円形の次元の門
デュエルデッキ
エルフvsゴブリン
ジェイスvsチャンドラ DuelDeck の DD、あるいはJaceのJとChandraのC
ディヴァインvsデモニック 天使の光輪とデーモンの角
ガラクvsリリアナ 葉と悪魔の角
ファイレクシアvsドミナリア連合 連合の秘宝/Coalition Relic
エルズペスvsテゼレット DuelDeck の DD
ナイツvsドラゴンズ ドラゴンのシルエット
アジャニvsニコル・ボーラス アジャニの斧とニコル・ボーラスの角
ヴェンセールvsコス 衝突する2つの意見
イゼットvsゴルガリ 重なりあうイゼットのシンボルとゴルガリのシンボル
ソリンvsティボルト ソリンの剣とティボルトの角
英雄vs怪物
ジェイスvsヴラスカ ジェイスの服の模様とヴラスカの髪
迅速vs狡知 ジェスカイ道/The Jeskai Wayマルドゥ族/The Mardu Hordeのシンボルの組み合わせ
エルズペスvsキオーラ 神送り/Godsendの柄と波濤
ゼンディカーvsエルドラージ 面晶体とエルドラージ/Eldraziの触手
正しき者vs堕ちし者 アヴァシン教会の十字架とデーモンの翼
構築済みギフトボックス
デッキマスターズ 図章化された"D"
ビートダウン メイス
バトルロイアル 元のセットのもの
アンソロジー 元のセットのもの
From the Vault
From the Vault:Dragons ドラゴンの頭部
From the Vault:Exiled 振り子刃
From the Vault:Relics 宝球
From the Vault:Legends 頭飾り
From the Vault:Realms 山岳から昇る太陽
From the Vault:Twenty アラビア数字の"20"
From the Vault:Annihilation 爆発する地表
From the Vault:Angels 天使の翼
From the Vault:Lore 塔と巻物
From the Vault:Transform 変化を示す円。第1面第2面稀少度の色が付く箇所が裏返る様になっている
プレミアムデッキシリーズ
Premium Deck Series: SLIVERS スリヴァーのシルエット
Premium Deck Series: Fire & Lightning 火炎稲妻
Premium Deck Series: Graveborn 髑髏
その他のセット
プレインチェイス プレインズウォークの抽象化
アーチエネミー 魔王のシルエット、もしくは鉤爪
統率者 並び立つ統率の塔/Command Tower
プレインチェイス2012 プレインズウォークの抽象化
Commander's Arsenal 並び立つ統率の塔
Modern Masters
統率者2013 3つに分かたれた紋章
Modern Event Deck
コンスピラシー 記章
統率者2014 3つに分かたれた紋章
モダンマスターズ2015
統率者2015 2つに分かたれた紋章
エターナルマスターズ 砂時計型に並べられたMの字
コンスピラシー:王位争奪 マルチェッサ/Marchesaの紋章
Masterpiece Series
Zendikar Expeditions 面晶体
Kaladesh Inventions
プロモーション・カード
MPSランド 「MPS」
グルランド 抽象化された「目」
ユーロランド なし
APACランド なし
プレイヤー褒賞プログラムプロモ DCIのロゴ
DCIレジェンドメンバーシッププロモ 円に入ったM
ジャッジ褒賞 DCIのロゴまたは元のセットのもの
ジュニア・スーパーシリーズプロモ DCIのロゴまたは元のセットのもの
アリーナ・リーグプロモ(2002〜) DCIのロゴ
アリーナ・リーグプロモ(2001) 「ARENA」
アリーナ・リーグプロモ(1999〜2000) 元のセットのもの
アリーナ・リーグプロモ(1996) 円に入ったM
フライデーナイトプロモ DCIのロゴ→流星(2010/10以降)
プレリリース・カード 元のセットのもの
フィクション・プロモーショナル・カード ペン
ドラゴンコン・プロモーショナル・カード ドラゴン
コミックブックカード 「IDW」
その他特殊なカード
ドリームキャスト版オリジナルカード 図章化されたDC
アストラルセット 流星
清純なるミラディン ミラディンのシンボル
ウェルカム・デッキ2016年版限定カード 流星+"16"という文字
ジョーク・エキスパンション
アンヒンジド 蹄鉄(図章化された"U")
アングルード 割れた
Unstable レンチ
Unsanctioned アングルード、アンヒンジド、Unstableのシンボルを掛け合わせたシンボル
Magic Online限定カード
Masters Edition 1つの円と1/4の円
Masters Edition 2 1つの円と2つの1/4の円
Masters Edition 3 1つの円と2つの分かれた1/4の円
Masters Edition 4 4つの分かれた1/4の円
Vintage Masters 図章化された"VM"
Tempest Remastered アーチと稲妻
Magic Online Promotional Magic Onlineのロゴ(図章化された"O")

[編集] 参考

引用:総合ルール 20200925.1

  • 2 カードの部分
    • 206 エキスパンション・シンボル
      • 206.1 エキスパンション・シンボルは、そのカードがマジックのどのセットのものかを示すものであり、通常はの右下に記されている。これはゲームには影響しない。
      • 206.2 エキスパンション・シンボルはそのカードのそのセットにおける希少度を示すものである。赤橙は神話レア、金色はレア、銀色はアンコモン、黒または白がコモンか基本 土地である。紫は特殊な希少度を表すために用いられる。現時点で存在するのは、『時のらせん』カード・セットの、レアよりも希少度の高いタイムシフト・カードだけである。(エクソダスよりも古いセットでは、希少度に関らず、全てのシンボルは黒で書かれていた。また、第5版までの基本セットのカードには、エキスパンション・シンボルはついていなかった。簡体中国語版の第5版には"V"のエキスパンション・シンボルが存在した)
      • 206.3 かつては、ある特定のセットからのカードに影響する呪文能力は、そのセットのエキスパンション・シンボルだけをチェックしていた。それらのカードオラクルで訂正され、あるセットで「そのカード名で初めて印刷された」カードに影響を及ぼすようになった。
        • 206.3a そのカード名で初めて印刷されたのが『Arabian Nights』拡張セットにおいてであるパーマネントカードを参照するカード(《City in a Bottle》)が存在する。該当するカード名は、《アブー・ジャーファル/Abu Ja'far》《アラジン/Aladdin》《アラジンのランプ/Aladdin's Lamp》《アラジンの指輪/Aladdin's Ring》《アリ・ババ/Ali Baba》《Ali from Cairo》《Army of Allah》《Bazaar of Baghdad》《鳥の乙女/Bird Maiden》《スレイマンの壺/Bottle of Suleiman》《真鍮人間/Brass Man》《Camel》《City in a Bottle》《真鍮の都/City of Brass》《クォムバッジの魔女/Cuombajj Witches》《サイクロン/Cyclone》《踊る円月刀/Dancing Scimitar》《ダンダーン/Dandan》《砂漠/Desert》《Desert Nomads》《砂漠の竜巻/Desert Twister》《Diamond Valley》《Drop of Honey》《黒檀の馬/Ebony Horse》《Elephant Graveyard》《エル・ハジャジ/El-Hajjaj》《アーグの盗賊団/Erg Raiders》《アーナム・ジン/Erhnam Djinn》《目には目を/Eye for an Eye》《魚の肝の油/Fishliver Oil》《空飛ぶ絨毯/Flying Carpet》《空飛ぶ男/Flying Men》《ガズバンのオーガ/Ghazban Ogre》《象亀/Giant Tortoise》《Guardian Beast》《ハスランの女オーガ/Hasran Ogress》《ハール・ジャッカル/Hurr Jackal》《Ifh-Biff Efreet》《島魚ジャスコニアス/Island Fish Jasconius》《Island of Wak-Wak》《Jandor's Ring》《ジャンドールの鞍袋/Jandor's Saddlebags》《宝石の鳥/Jeweled Bird》《Jihad》《ジュナン・イフリート/Junun Efreet》《Juzam Djinn》《Khabal Ghoul》《King Suleiman》《密林の猿人/Kird Ape》《Library of Alexandria》《磁力の山/Magnetic Mountain》《Merchant Ship》《メタモルフォーゼ/Metamorphosis》《Mijae Djinn》《ムーア人の騎兵/Moorish Cavalry》《ナフス・アスプ/Nafs Asp》《オアシス/Oasis》《Old Man of the Sea》《Oubliette》《篤信/Piety》《Pyramids》《悔悟せる鍛冶屋/Repentant Blacksmith》《Ring of Ma'ruf》《ルフ鳥の卵/Rukh Egg》《Sandals of Abdallah》《砂嵐/Sandstorm》《Serendib Djinn》《Serendib Efreet》《Shahrazad》《シンドバッド/Sindbad》《Singing Tree》《魔術師の女王/Sorceress Queen》《Stone-Throwing Devils》《不安定性突然変異/Unstable Mutation》《ウォー・エレファント/War Elephant》《ワイルーリーの狼/Wyluli Wolf》《Ydwen Efreet》である。
        • 206.3b そのカード名で初めて印刷されたのが『Antiquities』拡張セットにおいてであるパーマネントカードを参照するカード(《Golgothian Sylex》)が存在する。該当するカード名は、《クルーグの護符/Amulet of Kroog》《Argivian Archaeologist》《Argivian Blacksmith》《アルゴスのピクシー/Argothian Pixies》《Argothian Treefolk》《終末の時計/Armageddon Clock》《Artifact Blast》《Artifact Possession》《Artifact Ward》《アシュノッドの供犠台/Ashnod's Altar》《アシュノッドの戦具/Ashnod's Battle Gear》《アシュノッドの人体改造器/Ashnod's Transmogrant》《エイトグ/Atog》《破城槌/Battering Ram》《青銅のタブレット/Bronze Tablet》《Candelabra of Tawnos》《秘宝の防御円/Circle of Protection: Artifacts》《Citanul Druid》《粘土像/Clay Statue》《機械仕掛けの鳥/Clockwork Avian》《サルディアの巨像/Colossus of Sardia》《珊瑚の兜/Coral Helm》《崩壊/Crumble》《呪われた拷問台/Cursed Rack》《Damping Field》《爆破/Detonate》《Drafna's Restoration》《ドラゴン・エンジン/Dragon Engine》《Dwarven Weaponsmith》《魔力流出/Energy Flux》《フェルドンの杖/Feldon's Cane》《Gaea's Avenger》《Gate to Phyrexia》《ゴブリン職工団/Goblin Artisans》《Golgothian Sylex》《ぶどう弾カタパルト/Grapeshot Catapult》《Haunting Wind》《ハーキルの召還術/Hurkyl's Recall》《象牙の塔/Ivory Tower》《ジェイラム秘本/Jalum Tome》《Martyrs of Korlis》《Mightstone》《石臼/Millstone》《ミシュラの工廠/Mishra's Factory》《ミシュラの戦争機械/Mishra's War Machine》《Mishra's Workshop》《再帰のオベリスク/Obelisk of Undoing》《オニュレット/Onulet》《Orcish Mechanics》《羽ばたき飛行機械/Ornithopter》《Phyrexian Gremlins》《Power Artifact》《Powerleech》《Priest of Yawgmoth》《原初の土/Primal Clay》《拷問台/The Rack》《ラカライト/Rakalite》《Reconstruction》《Reverse Polarity》《Rocket Launcher》《ラト=ナムの賢人/Sage of Lat-Nam》《多相の戦士/Shapeshifter》《粉砕の嵐/Shatterstorm》《Staff of Zegon》《露天鉱床/Strip Mine》《Su-Chi》《Tablet of Epityr》《Tawnos's Coffin》《タウノスのワンド/Tawnos's Wand》《タウノスの武具/Tawnos's Weaponry》《テトラバス/Tetravus》《ティタニアの歌/Titania's Song》《Transmute Artifact》《トリスケリオン/Triskelion》《ウルザの報復者/Urza's Avenger》《Urza's Chalice》《ウルザの鉱山/Urza's Mine》《Urza's Miter》《ウルザの魔力炉/Urza's Power Plant》《ウルザの塔/Urza's Tower》《槍の壁/Wall of Spears》《Weakstone》《異形の騒霊/Xenic Poltergeist》《ヨーグモスの悪魔/Yawgmoth Demon》《ヨーティアの兵/Yotian Soldier》である。
        • 206.3c そのカード名で初めて印刷されたのが『Homelands』拡張セットにおいてであるパーマネントカードを参照するカード(《Apocalypse Chime》)が存在する。該当するカード名は、《修道院のガーゴイル/Abbey Gargoyles》《Abbey Matron》《上天の嵐/Aether Storm》《Aliban's Tower》《Ambush》《待ち伏せ部隊/Ambush Party》《Anaba Ancestor》《アナーバのボディガード/Anaba Bodyguard》《アナーバのシャーマン/Anaba Shaman》《Anaba Spirit Crafter》《アン=ハヴァの治安官/An-Havva Constable》《An-Havva Inn》《An-Havva Township》《An-Zerrin Ruins》《Apocalypse Chime》《Autumn Willow》《Aysen Abbey》《アイゼンの官吏/Aysen Bureaucrats》《Aysen Crusader》《Aysen Highway》《Baki's Curse》《Baron Sengir》《Beast Walkers》《Black Carriage》《影写し/Broken Visage》《甲殻/Carapace》《Castle Sengir》《Cemetery Gate》《Chain Stasis》《Chandler》《Clockwork Gnomes》《機械仕掛けの駿馬/Clockwork Steed》《Clockwork Swarm》《Coral Reef》《暗黒の迷路/Dark Maze》《Daughter of Autumn》《死者の代弁者/Death Speakers》《Didgeridoo》《Drudge Spell》《乾きの呪文/Dry Spell》《Dwarven Pony》《Dwarven Sea Clan》《Dwarven Trader》《Ebony Rhino》《情け知らずのエロン/Eron the Relentless》《Evaporate》《Faerie Noble》《一角獣の饗宴/Feast of the Unicorn》《フェロッズの封印/Feroz's Ban》《Folk of An-Havva》《忘却/Forget》《葬列/Funeral March》《Ghost Hounds》《Giant Albatross》《巨大カキ/Giant Oyster》《Grandmother Sengir》《大いなる人狼/Greater Werewolf》《Hazduhr the Abbot》《Headstone》《Heart Wolf》《血に飢えた霧/Hungry Mist》《Ihsan's Shade》《Irini Sengir》《鉄爪族の呪い/Ironclaw Curse》《Jinx》《Joven》《Joven's Ferrets》《ジョーヴンの泥棒道具/Joven's Tools》《Koskun Falls》《Koskun Keep》《迷宮のミノタウルス/Labyrinth Minotaur》《Leaping Lizard》《Leeches》《Mammoth Harness》《Marjhan》《記憶の欠落/Memory Lapse》《商人の巻物/Merchant Scroll》《メサ・ファルコン/Mesa Falcon》《Mystic Decree》《Narwhal》《Orcish Mine》《原初の秩序/Primal Order》《Prophecy》《Rashka the Slayer》《浅瀬の海賊/Reef Pirates》《Renewal》《Retribution》《Reveka》《Wizard Savant》《Root Spider》《Roots》《Roterothopter》《Rysorian Badger》《Samite Alchemist》《シー・スプライト/Sea Sprite》《Sea Troll》《センギアの従臣/Sengir Autocrat》《Sengir Bats》《Serra Aviary》《セラの獣小屋/Serra Bestiary》《Serra Inquisitors》《セラの聖騎士/Serra Paladin》《鋸刃の矢/Serrated Arrows》《縮小/Shrink》《Soraya the Falconer》《Spectral Bears》《Timmerian Fiends》《拷問/Torture》《Trade Caravan》《休戦/Truce》《Veldrane of Sengir》《Wall of Kelp》《Willow Faerie》《Willow Priestess》《Winter Sky》《Wizards' School》である。
      • 206.4 プレイヤーは、そのカードがそのフォーマットで認められているセット(あるいは特にマジック・イベント規定によって認められているカード)に含まれている限り、どの版からでもカード構築 デッキに入れてよい。現在の構築フォーマットの定義については、マジック・イベント規定([[1]])を参照のこと。
      • 206.5 エキスパンション・シンボルの完全な一覧は、マジックのウェブサイトのCard Set Archiveコーナー([[2]])から確認できる。
QR Code.gif