エンジェルヘイト

提供:MTG Wiki

移動: 案内, 検索

エンジェルヘイト(Angel Hate)は、カードトークンを複数発生させ、堕天使/Fallen Angelを一気に強化するコンボデッキ。堕天使が憎悪/Hatred唱えたかのように巨大になることからこの名がついた、レクターグールの亜種である。


Fallen Angel / 堕天使 (3)(黒)(黒)
クリーチャー — 天使(Angel)

飛行
クリーチャーを1体、生け贄に捧げる:堕天使はターン終了時まで+2/+1の修整を受ける。

3/3


Saproling Burst / はじける子嚢 (4)(緑)
エンチャント

消散7(このエンチャントは、その上に消散(fade)カウンターが7個置かれた状態で戦場に出る。あなたのアップキープの開始時に、それから消散カウンターを1個取り除く。できない場合、それを生け贄に捧げる。)
はじける子嚢から消散カウンターを1個取り除く:緑の苗木(Saproling)クリーチャー・トークンを1体生成する。それらのトークンは「このクリーチャーのパワーとタフネスはそれぞれ、はじける子嚢の上に置かれている消散カウンターの数に等しい。」を持つ。
はじける子嚢が戦場を離れたとき、はじける子嚢によって生成されたすべてのトークンを破壊する。それらは再生できない。



Academy Rector / アカデミーの学長 (3)(白)
クリーチャー — 人間(Human) クレリック(Cleric)

アカデミーの学長が死亡したとき、あなたはアカデミーの学長を追放してもよい。そうした場合、あなたのライブラリーからエンチャント・カードを1枚探し、そのカードを戦場に出す。その後あなたのライブラリーを切り直す。

1/2

レクターグールと同じく、アカデミーの学長/Academy Rectorを食い、持ってきたはじける子嚢/Saproling Burstで大量のトークンを生成し、それを生け贄に捧げて堕天使をパンプアップさせて、一気にケリをつける。

元のデッキであるレクターグールとの違いは5枚目以降のファイレクシアの食屍鬼/Phyrexian Ghoulたる堕天使の有無であったが、ナントゥーコの鞘虫/Nantuko Huskが出てからはデッキの存在意義が無くなり、消滅した。

[編集] 参考

QR Code.gif