カウンターシャンブラー

提供:MTG Wiki

移動: 案内, 検索

カウンターシャンブラー(Counter Shambler)は、藤田剛史プロツアー東京01で使用し、準優勝を飾ったインベイジョン・ブロック構築デッキ。「The Rats」と呼ばれる場合もある。

[編集] 概要


Ravenous Rats / 貪欲なるネズミ (1)(黒)
クリーチャー — ネズミ(Rat)

貪欲なるネズミが戦場に出たとき、対戦相手1人を対象とする。そのプレイヤーはカードを1枚捨てる。

1/1


Urborg Shambler / アーボーグのシャンブラー (2)(黒)(黒)
クリーチャー — ホラー(Horror)

他の黒のクリーチャーは、-1/-1の修整を受ける。

4/3

当時の環境ステロイドVoidが多いことを見越して、それらをメタった構成になっている。

まず特徴的なのが、一線級とは思われていなかったアーボーグのシャンブラー/Urborg Shamblerの投入である。これは、カウンターでは対処しきれない火葬のゾンビ/Pyre Zombieや、再生が厄介な夜景学院の使い魔/Nightscape Familiarへの対策であり、すなわちVoidデッキ対策である。

また、ステロイドの速さに負けないために貪欲なるネズミ/Ravenous Rats頭の混乱/Addle禁制/Prohibitなど軽い妨害カードを多数使用している。特に貪欲なるネズミは、この環境のステロイドに標準装備されていた怒り狂うカヴー/Raging Kavu疾風のマングース/Blurred Mongoose荊景学院の使い魔/Thornscape Familiarと相討ちできるため、多大なカード・アドバンテージを得ることができた。

アーボーグのシャンブラーを使うため、メインデッキでは夜景学院の使い魔を使用していないのもこの環境のデッキとしては珍しい。相手が黒くなかった場合はアーボーグのシャンブラーがサイドボードファイレクシアの盾持ち/Phyrexian Scutaと入れ替わるので、それと一緒にサイドインされる。

[編集] サンプルレシピ

メインデッキ (60) サイドボード
クリーチャー (8) 4 反論/Gainsay
4 貪欲なるネズミ/Ravenous Rats 4 夜景学院の使い魔/Nightscape Familiar
2 ファイレクシアの盾持ち/Phyrexian Scuta 2 ファイレクシアの盾持ち/Phyrexian Scuta
2 アーボーグのシャンブラー/Urborg Shambler 2 アーボーグのシャンブラー/Urborg Shambler
呪文 (28) 1 ヨーグモスの行動計画/Yawgmoth's Agenda
3 禁制/Prohibit 2 脊髄支配/Spinal Embrace
4 除外/Exclude
2 排撃/Repulse
4 嘘か真か/Fact or Fiction
4 頭の混乱/Addle
2 ヨーグモスの行動計画/Yawgmoth's Agenda
3 はね返り/Recoil
4 蝕み/Undermine
2 悪意+敵意/Spite+Malice
土地 (24)
11 島/Island
9 沼/Swamp
4 塩の湿地/Salt Marsh

[編集] 参考

QR Code.gif