サテュロス

提供:MTG Wiki

移動: 案内, 検索

サテュロス/Satyrは、クリーチャー・タイプの1つ。


Willow Satyr (2)(緑)(緑)
クリーチャー — サテュロス(Satyr)

あなたは、あなたのアンタップ・ステップにWillow Satyrをアンタップしないことを選んでもよい。
(T):伝説のクリーチャー1体を対象とする。あなたがWillow Satyrをコントロールし続け、かつWillow Satyrがタップ状態であり続けるかぎり、あなたはそのコントロールを得る。

1/1


Lumbering Satyr / 木を伐るサテュロス (2)(緑)(緑)
クリーチャー — サテュロス(Satyr) ビースト(Beast)

すべてのクリーチャーは森渡りを持つ。(このクリーチャーは、防御プレイヤーが森(Forest)をコントロールしているかぎりブロックされない。)

5/4


Firedrinker Satyr / 火飲みのサテュロス (赤)
クリーチャー — サテュロス(Satyr) シャーマン(Shaman)

火飲みのサテュロスにダメージが与えられるたび、これはその点数に等しい点数のダメージをあなたに与える。
(1)(赤):火飲みのサテュロスはターン終了時まで+1/+0の修整を受けるとともにあなたに1点のダメージを与える。

2/1

初出はレジェンドWillow Satyr。長い間これのみが持つタイプであり、メルカディアン・マスクス木を伐るサテュロス/Lumbering Satyrビーストだったため絶滅が危惧されていたが、クリーチャー・タイプ大再編にて木を伐るサテュロスもクリーチャー・タイプのサテュロスを獲得。さらに長い時を経たテーロス・ブロックにて再登場し、大幅に数を増やした。

大半はに存在するが、単色緑白多色にも1体ずつ存在する。いサテュロスは存在しない。

サテュロス・トークン生成するカード歓楽者ゼナゴス/Xenagos, the Reveler倒れし神の宴/Revel of the Fallen Godがある。また、ゼナゴス/Xenagos本人もストーリー上はサテュロスである。

[編集] ストーリー

サテュロスとはギリシャ神話に登場する森の神。人間が融合した姿とされているが、半人半獣だったり人間の比率が高かったり、さらに融合している獣もヤギだったりだったり、と詳細は諸説ある。マジック界のサテュロスも、Willow Satyrテーロス/Therosに暮らす一般的なサテュロスは人間に近い姿をしているが、木を伐るサテュロスのイラストは獣に近い。

テーロス/Theros
テーロスのサテュロスはに列している。二色に跨っているせいなのか二面性…陽気で社交的な一面と快楽を追及するためには手段を問わずあらゆるものを犠牲にしてしまう残忍な一面をもっている。また、若干の例外はあれどほとんどの者が「どのように生きてもどの道死をさけられないなら生きているうちに快楽を追及するべきである」との考えから名誉や正義といった概念を見下している。

[編集] 参考

QR Code.gif