ストリクスヘイヴン/Strixhaven

提供:MTG Wiki

移動: 案内, 検索

ストリクスヘイヴン/Strixhavenは、アルケヴィオス/Arcaviosに存在する魔法の学院。ストリクスヘイヴン:魔法学院の舞台となった。

目次

[編集] 概要

約七百年前、五体のドラゴンの魔法使いによって設立されたストリクスヘイヴンは、アルケヴィオス/Arcaviosにおける魔法学問の中心機関であり、その講堂で学ぶことを求めて若く有望な魔道士が次元/Plane全土から集まる。

ストリクスヘイヴンの使命は、魔法の知識を発見し保存すること、その知識を次の世代に広めること、あらゆる形の自由で開かれた魔法の研究を推し進めること、魔法の利用を通して次元全土の人々の暮らしを豊かにすることだ。

[編集] 大学

ストリクスヘイヴンは固有のキャンパス、学部、魔法の専攻を持つ、五つの大学に分けられる――すなわちシルバークイル大学/Silverquill Collegeプリズマリ大学/Prismari Collegeウィザーブルーム大学/Witherbloom Collegeロアホールド大学/Lorehold Collegeクアンドリクス大学/Quandrix Collegeだ。各大学は二つのマナの対立を中心としている。

[編集] シルバークイル大学/Silverquill College

雄弁術/Eloquenceの大学。色は白黒

文学を研究する者たちで、唱えた詩やインクの文字といった言葉の魔法を用いて、仲間を鼓舞し、敵の精神を攻撃する。マスコットは影魔法から作られた生けるインク、墨獣/Inkling

詳細はシルバークイル大学/Silverquill Collegeを参照。

[編集] プリズマリ大学/Prismari College

精霊術/Elemental Artsの大学。色は青赤

芸術を研究する者たちで、炎や水や風や土といった自然要素を用いて、自己表現となる芸術作品を作り上げる。マスコットは芸術作品でもある自然の精霊、エレメンタル/Elemental

詳細はプリズマリ大学/Prismari Collegeを参照。

[編集] ウィザーブルーム大学/Witherbloom College

本質学/Essence Studiesの大学。色は黒緑

生物学を研究する者たちで、生命の本質から引き出したエネルギーを用いて、傷を癒したり、死者を蘇らせたりする。マスコットは魔法の源にもなる便利なペット、害獣/Pest

詳細はウィザーブルーム大学/Witherbloom Collegeを参照。

[編集] ロアホールド大学/Lorehold College

考古術/Archaeomancyの大学。色は赤白

歴史学を研究する者たちで、世界中を冒険して遺跡を発掘したり、歴史上の人物の霊を召喚したりして過去を学ぶ。マスコットは生前の姿を模した像に宿した、死者の霊魂/Spirit

詳細はロアホールド大学/Lorehold Collegeを参照。

[編集] クアンドリクス大学/Quandrix College

数魔術/Numeromancyの大学。色は緑青

数学を研究する者たちで、理論から幾何学模様を実体化したり、数を曲げることで自身を巨大化したりする。マスコットは生ける数式たる人工生命体、フラクタル/Fractal

詳細はクアンドリクス大学/Quandrix Collegeを参照。

[編集] 大図書棟/The Biblioplex

ストリクスヘイヴンの図書館/The Library of Strixhaven、別名大図書棟/The Biblioplexは、ストリクスヘイヴンの中央に築かれている。扉のない、アーチ形の入口(このデザインは、アルケヴィオス全土で見られる魔法のスターアーチ/The star archに着想を得たものだ)が、図書館を訪れる知識欲に溢れた者たちを迎え入れる。中では、ほぼ全域が床から途方もなく高い天井まで、書物の山で埋め尽くされている。大図書棟の内部は広大で、信じられないほど長い廊下、固有の天気があるほどに高い文書保管庫、さらには舟で渡らなければならない池や濠の通路さえも存在する。

大図書棟内にはミスティカルアーカイブ/The Mystical Archiveが存在する。それは信じられないほど巨大な翼棟で、多元宇宙/Multiverseでこれまでに生まれたすべての呪文の複製が含まれていると言われる。その主張に異を唱えるには定命の者の寿命はあまりに短いが、この保管庫に無数の強力な呪文が眠っていることは確かだ。

大図書棟の中央には神託者の広間/The Hall of Oracles、記念像が並び、畏敬の念を起こさせる部屋がある。広間の中心にあるのはストリクスヘイヴンの交錯/The Strixhaven Snarl、魔法の太陽のようにこの部屋を照らす、純粋なマナの輝く巨大なもつれだ。

[編集] 啓蒙の松明/Torches of Enlightenment

標の塔の五つの並びが、巨大な車輪の輻のようにストリクスヘイヴンの中心から放射状に広がり、周囲の田舎地帯まで百マイル以上も伸びている。この啓蒙の松明/Torches of Enlightenmentは魔法の炎が永遠に燃え続け、学び、無知から逃れる道の象徴となっている。五つの並びは大図書棟で一点に集まる。

[編集] 魔道生徒/Mage-student

ストリクスヘイヴンの学生は、一般に魔道生徒/Mage-studentとして知られている。

[編集] 一年生/First-year

新入生は、ストリクスヘイヴンの五つの大学から一つを選択するまで、一年生/First-yearと呼ばれる。一年生は全員、どの大学のものとも異なる規格化された学校制服を着用する。

一般的に、学生は基礎教育課程を一年間受講した後(一年生の名はそのためだ)、五つの神秘的な大学から一つを選択する。その後、その者は選んだ大学に従った服を着用する。

[編集] 大学選択後

魔道士が大学を選択すると、その大学の二つのマナの色から一人ずつ、計二人の指導教官が割り当てられる。二人の指導教官が、ストリクスヘイヴンにおけるその学生の最善の道について相反する助言を行うこともしばしばだ――例えばクアンドリクスの学生は、の指導教官に強大な生物を召喚する技術を鍛えるよう勧められ、一方での指導員に抽象、幻影、数学的理論に向かわせられるかもしれない。

最終的に、魔道士は自分の専攻科目を選択する(色で表される)。魔道士の専攻科目は通常、属する大学の二つのマナの色の一方だが、時にはその二つの混合となることもある。

[編集] 卒業後

ストリクスヘイヴンの卒業生が、学院を去った後に進む道は様々だ。多くの者は、単純に出身の共同体に帰り、魔法を用いて故郷を助ける。魔道士の中には、今まで以上の魔法を求めてアルケヴィオスを旅し、道中で他の魔道士と出会えば魔法の決闘を行う者もいる。愛する人がいる、あるいは独自の神秘的な趣味がある新たな故郷を見つける者もいる。研究を続けるべく、聖域や研究所を作る者もいる。それはいつの日か教授としてストリクスヘイヴンに戻るためかもしれない。選ばれし少数の者は龍護り/The Dragonsguardに加わる。栄誉ある創始ドラゴン/The Founder Dragonsとともに働く魔道士の精鋭部隊だ。

[編集] 教授/Professor

ストリクスヘイヴンの教授は、他の魔道士たちを教育することに人生を捧げてきた、専門とする魔法分野で卓越した魔道士だ。勤続年数、魔法研究の評価、呪文の知識に応じて、教授はいくつかの階級に分けられる。

  • 教官/Instructor - 授業および独自の教育課程を持つが、完全な教授になるための観察と評価の試用期間を終えていない魔道士。
  • 教授/Professor - 魔法研究の一分野を専門とする認定教育者。ストリクスヘイヴンの教育者のほとんどはこの階級に属する。
  • 筆頭教授/Esteemed Professor - その経歴において名を上げた教授。通常、魔法研究ないしその他の専門的な研究を発表し査読されることでこの階級を得る。ほとんどは二十年以上にわたり教鞭を執っている。
  • 学部長/Dean - 五つの大学それぞれの長。各大学は二人の学部長を有しており、それぞれがその大学の半分を率いる。学部長は強大な魔道士にして著名な教授であり、大学の二色の片方に属している。学部長は各大学全体にとっての相反する助言者のようなものだ――彼らは互いに対する深く専門的な対抗意識を持っており、魔法研究の最善の道についての意見は常に分かれている。
  • 名誉教授/Mage Emeritus - 名誉職の教授。ストリクスヘイヴンでの地位から去った者がしばしばこの名で呼ばれる。客員講師や講演者として重宝される。

[編集] メイジタワー/Mage Tower

メイジタワー/Mage Towerは、ストリクスヘイヴンの魔道生徒が行う団体競技スポーツだ。五つの大学それぞれが自分たちのチームを編成し、得点ルールで用いられるマスコット生物を連れてくる。メイジタワーはストリクスヘイヴンの中心的な観戦スポーツであり、学院内外から大勢のファンが押し寄せる。

メイジタワーのルールは以下の通り。

  • 対戦する二つのチームがストリクスヘイヴンの競技場/Strixhaven Stadiumに集まる。各チームは五人の魔道士と一体の小さなマスコット生物で構成される。
  • それぞれのチームは競技場の端の高い塔を所有し、その頂上にマスコット生物を置く。
  • 目標は、相手チームのマスコットを奪って自チームの塔に運び、ポイントを獲得することである。
  • プレイヤー、マスコット、観客に危害を加える、または競技場ないしゲームの基本ルールを何らかの形で損なわせる魔法は、すべて無効化される。
  • それ以外の魔法はすべて認められる。ただしメイジタワー審判協議会/The Mage Tower Referee Councilの評価を仰ぐ。
  • ゲームは三つのフェイズに分かれる。各フェイズはメイジタワーの砂時計が空になるまで続き、その時間は約二十分である(時に、最後の数粒の砂がたっぷりと時間をかけて下に落ちることもある)。
  • 第三フェイズの終了時に、最もポイントの多いチームが勝利する。

[編集] キャラクター

シルバークイル大学
プリズマリ大学
ウィザーブルーム大学
  • ベレドロス・ウィザーブルーム/Beledros Witherbloom - 創始ドラゴンの一体で、ウィザーブルームの創設者。
  • ヴァレンティン/Valentin - 学部長を務める吸血鬼。男性。個人の利益のために生物を搾取することを厭わない。
  • リセッテ/Lisette - 学部長を務める人間。女性。自然を守り生命を広げることを信念とする。
  • セラフィナ・オニキス/Serafina Onyx - 新任の教授。正体はプレインズウォーカーのリリアナ・ヴェス/Liliana Vess
  • ダイナ/Dina - ドライアドの魔道生徒。女性。病で失われた家族と故郷を取り戻したいと考えており、あらゆる種類の薬草茶を煎じることに長ける。
  • ブレックス/Blex - 飼われていた害獣。雄。害獣らしからぬ知性を持ち、脱走計画を企て、成功させた。
  • ウィロウダスク/Willowdusk - 教授を務めるドライアド。女性。居残り沼にいたが、迷子の学生に行った薬草の講義が効果的だったためスカウトされた。
  • ギヨーム/Gyome - 料理長を務めるトロール/Troll。男性。日々更新される御馳走のメニューには、すべての大学の学生が大挙して押し寄せる。
  • ティヴァシュ/Tivash - 教授を務める人間。男性。「邪悪」とも言われる闇の軍勢を操るが、力の善悪はその使い方次第だと主張している。
  • イェドラ/Yedora - 用地管理人の長を務めるツリーフォーク。女性。非公認の葬儀屋で、愛する学院で死後を過ごしたいという学生や卒業生の願いを叶える。
ロアホールド大学
クアンドリクス大学
その他

[編集] 登場

[編集] 登場作品・登場記事

ストリクスヘイヴン:魔法学院
その他

[編集] その他

  • 英語でstrixは「フクロウ属」、havenは「安息所、避難所」を意味する。
  • 一つの学院の中に複数の「大学」があるのは不思議に思えるかもしれないが、アメリカにおいてuniversityとは「複数の学部から成る大きな大学」、collegeとは「複数の学部を持たない小さな大学」を意味し、またuniversityの「学部」のこともcollegeと呼ぶ場合がある。日本語の公式記事では、ストリクスヘイヴンを指すuniversityとシルバークイルなどを指すcollegeをどちらも「大学」と訳し、さらにcollegeの長deanを「学部長」と訳しているため、ややこしくなってしまっている。
  • モチーフは魔法学校を舞台とするファンタジージャンル。ただし、一般的な魔法学校ものが学生に魔法を教えるのに対し、ストリクスヘイヴンは実在する学問分野を魔法を用いて学ぶ(例えば、歴史上の人物の霊に話を聞いて歴史を学ぶ)という点で大きな違いがある[1]

[編集] 脚注

  1. In the Strixhaven, Part 1/『ストリクスヘイヴン』にて その1Making Magic 2021年3月29日 Mark Rosewater著)

[編集] 参考

QR Code.gif