チャネルボール

提供:MTG Wiki

移動: 案内, 検索

チャネルボール(Channelball)は、マジックの黎明期に存在したコンボデッキ

目次

[編集] 概要


Fireball / 火の玉 (X)(赤)
ソーサリー

この呪文を唱えるためのコストは、2つ目以降の対象1つにつき(1)多くなる。
好きな数のプレイヤーやプレインズウォーカーやクリーチャーの組み合わせを対象とする。火の玉はそれらに、Xを端数を切り捨てて均等に割った点数に等しい点数のダメージを与える。



Channel / チャネル (緑)(緑)
ソーサリー

ターン終了時まで、あなたがマナ能力を起動できるときならばいつでも、あなたは1点のライフを支払ってもよい。そうしたなら、(◇)を加える。


まず、Black LotusMoxで必要なマナを出す。チャネル/Channel唱えライフをマナに変換し、X=20の火の玉/Fireballを撃ち込む。

コンボパーツは2枚と非常にシンプルな構成ながら、それ故に欠点も存在した。例えば、とどめの火の玉にカウンターして対抗呪文/Counterspellを唱えられると、立て直しは困難になる。また、チャネル後の稲妻/Lightning Bolt一発でも終わってしまう。

このように致命的な弱点を抱えていたため、これよりも高速かつ堅実なコンボデッキに取って代わられてしまった。

[編集] 解説

現在ではヴィンテージにおいて、チャネルボールのシステムを組み込んだものが存在する。

黎明期には存在しなかったピッチスペルなどの手段により火の玉/Fireballでは失敗する可能性があるため、打ち消し対象の変更に強いケアヴェクの火吹き/Kaervek's Torchを使うことが多い。その場合はチャネルトーチ(Channel Torch)と呼ばれやすい。

死者の鏡/Lich's Mirrorを用いたMirroire Magiqueというコンボデッキも存在する。詳細はMirroire Magiqueを参照。

[編集] サンプルレシピ

チャネルボール1 [1]
土地 (20)
3 不毛の大地/Wasteland
4 真鍮の都/City of Brass
4 Taiga
4 Volcanic Island
2 Tropical Island
2 ミシュラの工廠/Mishra's Factory
1 露天鉱床/Strip Mine
クリーチャー (15)
2 ゴリラのシャーマン/Gorilla Shaman
4 セレンディブのイフリート/Serendib Efreet
4 密林の猿人/Kird Ape
4 ジャッカルの仔/Jackal Pup
1 極楽鳥/Birds of Paradise
呪文 (31)
2 紅蓮破/Pyroblast
3 ケアヴェクの火吹き/Kaervek's Torch
4 稲妻/Lightning Bolt
4 マナ吸収/Mana Drain
1 彩色の宝球/Chromatic Sphere
1 チャネル/Channel
1 Time Walk
1 太陽の指輪/Sol Ring
1 ヨーグモスの意志/Yawgmoth's Will
1 吸血の教示者/Vampiric Tutor
2 精神錯乱/Mind Twist
1 Demonic Consultation
1 Ancestral Recall
1 新たな芽吹き/Regrowth
1 神秘の教示者/Mystical Tutor
1 悪魔の教示者/Demonic Tutor
1 ブラック・ロータス/Black Lotus
1 Mox Ruby
1 Mox Sapphire
1 Mox Jet
1 Mox Emerald
サイドボード (15)
1 ブラストダーム/Blastoderm
1 はじける子嚢/Saproling Burst
1 紅蓮破/Pyroblast
2 解呪/Disenchant
1 悪魔の布告/Diabolic Edict
2 火葬/Incinerate
1 ウルザの激怒/Urza's Rage
1 稲妻の連鎖/Chain Lightning
2 孤独の都/City of Solitude
2 火の玉/Fireball
1 無効/Annul
  • ヴィンテージ仕様のステロイドにチャネルボールを組み込んだもの。のカードを加えることで柔軟性を増している。

[編集] 4枚制限ルール

このデッキは4枚制限ルールを無視した場合の最強デッキとして、しばしば引き合いに出される。

一般的に挙げられる構成は以下の通り。

メインデッキ (60)
呪文 (60)
20 火の玉/Fireball
20 チャネル/Channel
20 Black Lotus

全て20枚ずつでも約85%の確率で1ターンキルできるが、理論的にはBlack Lotus30枚、火の玉15枚、チャネル15枚の構成が最適とされる(参考)。

当然、このデッキをそのまま使用できる公式のフォーマットは存在しない。仮に使えたとしても、Black Lotusを数十枚も集めるにはかなりの大金を要する。

  • このような非公式フォーマットタイプ0として思考実験や議論を行う場合がある。闇の隆盛現在のカードプールではこの方法より安定かつ高速なデッキも考案されている。→タイプ0
  • MicroProse版マジック:ザ・ギャザリングのシャンダラーではワールド・マジックの一つを得ることで、実際にこのデッキを使ってプレイすることができる。
    • 決して弱くないが最後の敵だけは絶対に倒せない。敵のライフが100以上と膨大すぎるため削りきれないのだ。
      • 改善策として、10枚程度のTimetwisterを入れることでデッキを無限に循環できるようになるので最後の敵を倒せるようになる。
    • このゲームでもBlack Lotusを20枚集めるのはかなり苦労するだろう。

[編集] 参考

QR Code.gif