ティボルトの憤怒鬼/Tibalt's Rager

提供:MTG Wiki

移動: 案内, 検索

Tibalt's Rager / ティボルトの憤怒鬼 (1)(赤)
クリーチャー — デビル(Devil)

ティボルトの憤怒鬼が死亡したとき、クリーチャー1体かプレインズウォーカー1体かプレイヤー1人を対象とする。これはそれに1点のダメージを与える。
(1)(赤):ターン終了時まで、ティボルトの憤怒鬼は+2/+0の修整を受ける。

1/2

ティボルト/Tibaltの名を冠するデビル火吹き能力PIG任意の対象に1点ダメージ与える能力を持つ。

ゴブリンの付け火屋/Goblin Arsonistに1マナ足してタフネス+1と火吹き能力を得た計算であり、コスト・パフォーマンスはなかなかのもの。この手のクリーチャーにありがちな「最序盤の戦闘で役に立ちにくい」という難点をPIG能力が補っており、素の状態でもタフネス2までと相打ち可能。パンプアップが2マナ刻みだが、その分色拘束が弱いため、複数回起動させやすい点も嬉しい。

リミテッドでは、他の火吹き能力持ちと同様これも有用な一枚。序盤のアタッカーとしてはもちろん、例によって大型クリーチャーとの相打ち要員として機能し、さらにPIG能力によってタフネス1のシステムクリーチャーや、残り忠誠度の少ないプレインズウォーカーに対して睨みを利かせられる。

[編集] 参考

QR Code.gif