ドメイン

提供:MTG Wiki

移動: 案内, 検索

ドメイン(Domain)は、インベイジョン・ブロック構築で活躍した5基本土地デッキを中心に、様々なコントロール要素のカードを使用する。

[編集] 概要


Collective Restraint / 集団監禁 (3)(青)
エンチャント

版図 ― クリーチャーは、それらのコントローラーが自分がコントロールする、あなたを攻撃するクリーチャー1体につき(X)を支払わないかぎり、あなたを攻撃できない。Xは、あなたがコントロールする土地の中の基本土地タイプの数に等しい。



Questing Phelddagrif / 探索するフェルダグリフ (1)(緑)(白)(青)
クリーチャー — フェルダグリフ(Phelddagrif)

(緑):探索するフェルダグリフはターン終了時まで+1/+1の修整を受ける。対戦相手1人を対象とする。そのプレイヤーは緑の1/1のカバ(Hippo)・クリーチャー・トークンを1体生成する。
(白):ターン終了時まで、探索するフェルダグリフはプロテクション(黒)とプロテクション(赤)を得る。対戦相手1人を対象とする。そのプレイヤーは2点のライフを得る。
(青):探索するフェルダグリフはターン終了時まで飛行を得る。対戦相手1人を対象とする。そのプレイヤーはカードを1枚引いてもよい。

4/4


Harrow / 砕土 (2)(緑)
インスタント

この呪文を唱えるための追加コストとして、土地を1つ生け贄に捧げる。
あなたのライブラリーから、基本土地カードを最大2枚まで探し、それらを戦場に出す。その後あなたのライブラリーを切り直す。


基本土地が揃った時の集団監禁/Collective Restraint効果は非常に強烈。ほかにも回避行動/Evasive Action連合戦略/Allied Strategiesなどの版図カード(所有地カード)、レガシーの兵器/Legacy Weaponなどの多色呪文をフルに利用できる。フィニッシャーには秩序ある渡り/Ordered Migrationゴブリンの塹壕/Goblin Trenchesなど、除去耐性が高いものが選ばれやすい。

プレーンシフトまでの環境でも存在したが、アポカリプスの強力な多色カードを得てかなり強化されたデッキタイプである。インビテーショナル06ブロック・パーティ戦でも高い使用率と実績を残した。

[編集] サンプルレシピ

メインデッキ (60) サイドボード
クリーチャー (0) 3 暗影のボブキャット/Penumbra Bobcat
呪文 (39) 3 魂売り/Spiritmonger
4 回避行動/Evasive Action 3 頭の混乱/Addle
4 俗世の相談/Worldly Counsel 1 虚空/Void
4 集団監禁/Collective Restraint 2 破滅的な行為/Pernicious Deed
4 連合戦略/Allied Strategies 1 破壊的な流動/Destructive Flow
1 ヨーグモスの行動計画/Yawgmoth's Agenda 1 草茂る屋敷/Overgrown Estate
4 地勢/Lay of the Land 1 レガシーの兵器/Legacy Weapon
4 砕土/Harrow
1 秩序ある渡り/Ordered Migration
2 虚空/Void
2 破滅的な行為/Pernicious Deed
1 ゴブリンの塹壕/Goblin Trenches
2 破壊的な流動/Destructive Flow
1 草茂る屋敷/Overgrown Estate
4 彩色の宝球/Chromatic Sphere
1 レガシーの兵器/Legacy Weapon
土地 (21)
1 平地/Plains
5 島/Island
3 沼/Swamp
2 山/Mountain
7 森/Forest
2 ラノワールの荒原/Llanowar Wastes
1 ヤヴィマヤの沿岸/Yavimaya Coast

[編集] 参考

QR Code.gif