ナントゥーコの鞘虫/Nantuko Husk

提供:MTG Wiki

移動: 案内, 検索

Nantuko Husk / ナントゥーコの鞘虫 (2)(黒)
クリーチャー — ゾンビ(Zombie) 昆虫(Insect)

クリーチャーを1体、生け贄に捧げる:ナントゥーコの鞘虫は、ターン終了時まで+2/+2の修整を受ける。

2/2

ファイレクシアの食屍鬼/Phyrexian Ghoul同型再版クリーチャー・タイプ昆虫が加えられている。

ファイレクシアの食屍鬼同様、生け贄に捧げるクリーチャーを水増しする手段があると強力。リミテッドにおける共生するエルフ/Symbiotic Elfとのシナジーが有名だが、構築でも出番があった。

初出時はファイレクシアの食屍鬼とともにレクターグールに採用された。ただしクリーチャー・タイプに昆虫が追加されたことで、共生するエルフや共生のワーム/Symbiotic Wurmが生み出す昆虫トークンへの部族対策に巻き込まれる恐れがあり、一方で群がりの庭/Swarmyardのような部族カードも当時はなかったため、あくまでも「5枚目以降のファイレクシアの食屍鬼」という扱いであった。

第9版アンコモンになって再録された際は、再録直後こそ目立った活躍はなかったが、ギルドパクト白黒カードが強化されたことで採用される機会が多くなった。オルゾフ・アグロ分霊の確約/Promise of Bunreiオルゾフの御曹子、テイサ/Teysa, Orzhov Scionを足したゴースト・ハスクでは主力クリーチャーとなり、黒赤トークンでも標準的に採用された。

第10版を選ぼう第8週にて先輩の堕天使/Fallen Angelと対決し、勝利。第10版再録された。次の基本セット2010では吸血鬼版同型再版である吸血鬼の貴族/Vampire Aristocratと交代。

マジック・オリジンではコモンに戻って再録され、異端の癒し手、リリアナ/Liliana, Heretical Healerと共に先祖の結集を大幅に強化した。アリストクラッツでもメインの生け贄エンジンとして採用される。

[編集] 参考

QR Code.gif