バトルボンド

提供:MTG Wiki

移動: 案内, 検索
バトルボンド/Battlebond
シンボル 武勇の場の競技場
略号 BBD
発売日 2018年6月8日
セット枚数 全254種類

バトルボンド/Battlebondとは、リミテッドプレイ用の特殊セットである。2018年6月8日発売。英語版、日本語版、中国語(簡体字)版で発売される。キャッチコピーは「戦いの中で不滅の絆を築け/Forge an unbreakable bond in battle」。

目次

[編集] 概要

次元/Planeケイレム/Kylemを舞台とする。この次元では2対2の戦闘競技がスポーツの頂点となっており、次元中の存在が武勇の場/Valor's Reachという名の競技場に集まる。

双頭巨人戦でのリミテッドに特化してデザインされたセットであり、ブースター・ドラフトシールド両方が楽しめる。254種類中85種類の新規カードはリミテッド以外ではヴィンテージレガシーでのみ使用可能であり、その他のカードは同名のカードが該当フォーマットに存在する場合に限り使用することができる。

双頭巨人戦のリミテッドは通常ドラフトならばチームごとに5パック、シールドならば8パック使用する。これは時間が掛かりすぎると考えた開発部は弱めのコモンを外すなど双頭巨人戦用の調整を行い、バトルボンドでのドラフトは4パック、シールドは6パックでのプレイを推奨している。

メカニズムもタッグを意識したものばかりである。新ルール用語として「あなたのチーム」が制定され、チーム全体に恩恵のある効果を持つカードが登場した。

武勇の場の二人組の選手を表した「[カード名]との共闘」は、片方が戦場に出たときにもう片方をあなたかあなたのチームメイトデッキから連れてくることができる。バトルボンドには11組のペアが存在し、ペア同士は必ず同じブースターパックに封入される(変則的な稀少度)。レア以上のペアはアンコモンの枠に片方が封入される。

プレイヤー達も協力し合うメカニズムとして、呪文コストを二人で支払うことのできる助力が登場した。

同じく双頭巨人戦を意識したセットであったゲートウォッチの誓いより支援が再登場。一緒に+1/+1カウンターを参照するカードも多く収録されている。

新たなクリーチャー・タイプとしてアズラが登場した。また全戦士部族カードが収録されている。

[編集] イベント

『バトルボンド』プレビュー・イベント

2018年6月1、2、3日に行われた。発売に先駆けてバトルボンドのシールド戦を体験できる。

『バトルボンド』発売記念パーティー

2018年6月8、9、10日に行われた。バトルボンドのドラフトかシールドが行われる。プロモーション・カード2枚(共闘を持つ2枚のペアがランダムで1組、日付入りのプレミアム・カード仕様)が参加賞として配布される。

[編集] パッケージ・イラスト

[編集] 主な開発スタッフ

[編集] 公式特集ページ

[編集] 製品情報

[編集] 開発コラム

[編集] 広報

[編集] 参考

QR Code.gif