ブージーアムの輪/Bosium Strip

提供:MTG Wiki

移動: 案内, 検索

Bosium Strip / ブージーアムの輪 (3)
アーティファクト

(3),(T):ターン終了時まで、あなたの墓地の一番上のカードがインスタント・カードかソーサリー・カードである場合、あなたはそのカードを唱えてもよい。このターン、これにより唱えられたカードが墓地に置かれる場合、代わりにそれを追放する。


条件付きだが、墓地インスタントソーサリーを使いまわせるアーティファクト。後の世のカードでいえば、フラッシュバックヨーグモスの行動計画/Yawgmoth's Agendaに近い感じである。

再利用できるのが墓地の一番上だけであるために、唱えるタイミングを選ばずに使える呪文との相性が良い。具体的には火力ドロー呪文がその代表例であり、逆にカウンター呪文との相性は悪い。

時間のねじれ/Time Warpとの組み合わせが有名であり、カウンターバーン青白コントロールで採用されることがあった。ターボアベイヤンスでは中断/Abeyanceを使いまわすために使われた。

  • 当時のルールでは、事前にブージーアムの輪を起動しておかなければ、対戦相手の呪文を墓地の一番上のカウンター呪文で打ち消すことができなかった。ブージーアムの輪のルール文章に「この能力インタラプトとして扱う」とは書かれていなかったのがその原因(そのように書かれているカードも存在する)。そのためカウンター呪文と併用する際には、対戦相手のアップキープ・ステップ中に起動しておくというプレイングが定番だった。
  • 墓地から唱えることができるのは、「能力解決時に墓地の一番上にあるカードのみ」ではない。いつ墓地の一番上になったかは関係なく、そのターン中は墓地の一番上のカードを唱えることができる。
  • バイバックのように、墓地から唱えた呪文が解決時に墓地に置かれなかった場合、それを追放する必要はない。
  • イラストはメビウスの輪をあしらった無限階段。BösiumがMöbiusのアナグラムであることから。他に似たようなデザインとして、3次元版のエルキンの壷/Elkin Bottleがある。

[編集] 参考

QR Code.gif