ヘイヴングルの死者/Havengul Lich

提供:MTG Wiki

移動: 案内, 検索

Havengul Lich / ヘイヴングルの死者 (3)(青)(黒)
クリーチャー — ゾンビ(Zombie) ウィザード(Wizard)

(1):いずれかの墓地にあるクリーチャー・カード1枚を対象とする。このターン、あなたはそれを唱えてもよい。このターン、あなたがそのカードを唱えたとき、ヘイヴングルの死者はターン終了時までそのカードのすべての起動型能力を得る。

4/4

墓地クリーチャーカード唱えられるようにするクリーチャー。さらにそのカードの持つ起動型能力ターン終了時まで得る

墓地のカードを再利用できるので、単純にカード・アドバンテージの面で強力。対戦相手の墓地のクリーチャー・カードも奪える。起動型能力を得られることを利用して、上手く組み合わせることで壊死のウーズ/Necrotic Oozeのように何らかのコンボを形成できる可能性もある。

ただしマナ・コストも含めて必要なコスト支払う必要があるため、少々割高になることには注意。対戦相手のカードを奪うのも、デッキカラーが合わないと難しい。

  • 彩色の灯籠/Chromatic Lanternなど、望む色のマナを豊富に用意する手段があればマナの続く限り相手の墓地からも奪い放題になる。
  • モダン以上のカードプールならば、想起持ちのクリーチャーと相性が良い。1マナを余分に払うだけで、何度も使いまわすことが可能になる。
  • カード名は「ヘイングルの死者」ではない。

[編集] ルール

  • この能力によって対象のクリーチャー・カードの起動型能力を得るのは、この能力の解決時ではなく、この能力によって生成された遅延誘発型能力の解決時である。遅延誘発型能力はカードを唱えた時点で誘発するため、スタックではそのクリーチャー呪文よりも上に置かれ、先に解決される。
  • 得られる起動型能力は、唱えた時点でそのカードがスタック上で持つ起動型能力を参照する。墓地にあった時点、あるいは解決後に戦場で持つであろう起動型能力は参照しない。
  • 他のプレイヤーのターンにクリーチャー・カードを唱えることはできない(瞬速などを持っていれば別)。願いのジン/Djinn of Wishesのような「能力の解決中」に唱えてもよいとする能力ではなく、「このターン」に唱えてもよいとする能力だからである。前者は能力の解決中なのでカード・タイプによるタイミング制限も無視できるが、後者は「自分の手札からだけ唱えられる」というルールだけを無視でき、カードタイプによるタイミング制限は無視できない。
  • 起動型能力を得る効果の基本的なルールは起動型能力#他のカードの起動型能力を得るを参照。

[編集] 関連カード

[編集] サイクル

闇の隆盛神話レア多色クリーチャーサイクル人間以外の主要部族に1枚ずつ存在する。

[編集] 参考

QR Code.gif