ボトルのノーム/Bottle Gnomes

提供:MTG Wiki

移動: 案内, 検索

Bottle Gnomes / ボトルのノーム (3)
アーティファクト クリーチャー — ノーム(Gnome)

ボトルのノームを生け贄に捧げる:あなたは3点のライフを得る。

1/3

ライフ回復能力を持つアーティファクト・クリーチャー

単色化の傾向が強かったテンペスト時代には、対抗色プロテクション持ちクリーチャーから身を守る、お守り代わりに様々なデッキに入れられていた。特にこの時代ではパワー2程度のウィニーがメインの環境だったため、タフネス3のこれはブロッカーとしても十分有用だったのも大きい。

古くは死体のダンス/Corpse Danceが(→ダンシング・ノーム)、近年は定員過剰の墓地/Oversold Cemetery骸骨の破片/Skeleton Shardなどが相棒として用いられる。パワーが1なのを生かして、死蔵の世話人、死零/Shirei, Shizo's Caretakerと組み合わせてもなかなかよい働きをしてくれる。毎ターン3点回復はかなり相手のやる気を削ぐ事ができるだろう。

バーンビートダウン・デッキに対しては単体で効果が高く、サイドボードによく見かけられる。バーンデッキの場合、これを除去しようとすることは考えられないが、3点のライフはおよそ火力呪文1枚に相当するため、相手は計算の修正を余儀なくされる。特にテンペスト・ブロックの頃はスライメタゲームの一角に存在したため、よく使用された。

青黒コントロールではサイドボードから投入しアカデミーの廃墟/Academy Ruins無残な収穫/Grim Harvestで使いまわすといった戦術がよくとられる。

Reinforcements...or refreshments?
補強……それとも保養?

[編集] 参考

QR Code.gif