マナ・シンボル

提供:MTG Wiki

移動: 案内, 検索

マナ・シンボル/Mana Symbolは、カード上でマナの種類を表す記号。

目次

[編集] 解説

色マナ・シンボル1個は、色マナ1点を表す。無色マナ・シンボル1個は、無色マナ1点を表す。数字あるいはXのシンボルは不特定マナ・コストであり、任意の色マナでも無色マナでも好きなマナで支払うことのできるマナの値である。そのコストにXを持つ呪文唱えたり起動型能力起動したりするとき、そのコントローラーがXの値を決める。

  • 記号で表記する際は、正式にはの略号を使って白…の順に(W)(U)(B)(R)(G)(W)…と書く(例:緑白ならば(G)(W)、赤白ならば(R)(W)。色の組み合わせの項も参照)。正式ではないが、日本語の場合は略号の代わりに漢字を使う場合も多い。
  • 開発部のコラムなどで、サイクルなどで対応する色マナを当てはめる際に(C)、あるいは(M)が用いられることがあるが、ColorやManaの頭文字であり、無色マナシンボルであったり(M)というマナ・シンボルが存在するわけではない(用例:マナ・コストが(2)(M)のオーラのサイクル)。
    • ゲートウォッチの誓い発売に際して行われた無色マナの表記変更に伴って、(C)ではなく(M)を使用することを推奨するようになったが、開発部内でも使用に関しては意見が分かれている[1][2]

[編集] バリエーション

混成マナ・シンボル

Boros Recruit / ボロスの補充兵 (赤/白)
クリーチャー — ゴブリン(Goblin) 兵士(Soldier)

((赤/白)は(赤)でも(白)でも支払うことができる。)
先制攻撃

1/1


Spectral Procession / 幽体の行列 (2/白)(2/白)(2/白)
ソーサリー

飛行を持つ白の1/1のスピリット(Spirit)・クリーチャー・トークンを3体生成する。


半分のマナ・シンボル2つ分を組み合わせたマナ・シンボルを混成マナ・シンボルと呼ぶ。このマナ・シンボルは描かれているどちらか一方の種類のマナで支払うことを表している。このマナ・シンボルを持つカードは混成カードと言う。
混成マナ・シンボルの中には、(2/青)のように色マナ・シンボルと数字のマナ・シンボルが組み合わさったものもある。これを単色混成マナ・シンボルと呼ぶ。
氷雪マナ・シンボル

Icehide Golem / 氷皮ゴーレム (氷)
氷雪アーティファクト クリーチャー — ゴーレム(Golem)

((氷)は氷雪パーマネントからのマナ1点で支払える。)

2/2

氷雪マナ・シンボル(略号(S))で示されたコストは、氷雪マナ特殊タイプ氷雪を持つパーマネントから生み出されたマナ)でしか支払えない。
ファイレクシア・マナ・シンボル

Spined Thopter / 脊柱の飛行機械 (2)(青/Φ)
アーティファクト クリーチャー — 飛行機械(Thopter)

((青/Φ)は(青)でも2点のライフでも支払うことができる。)
飛行

2/1

ファイレクシア・マナ・シンボル(略号(/P))で示されたコストは、対応する色マナか2点のライフ、どちらかで支払えることを意味する。
半分のマナ・シンボル(銀枠)

Little Girl (白/2)
クリーチャー — 人間(Human) 子供(Child)

(1/2)/(1/2)

アンヒンジドでは、赤と白(Mons's Goblin WaitersLittle Girl)に半分のマナ・シンボルが存在するほか、不特定マナ1/2点を表すシンボルもある。

[編集] 用語

マナ・コスト起動コストに含まれる同じ種類のマナ・シンボルの数に応じて、以下のような呼称が存在する。詳しくは各項目を参照のこと。

  1. シングルシンボル
  2. ダブルシンボル
  3. トリプルシンボル
  4. クァドラプルシンボル
  5. クウィンタプルシンボル
  6. セクスタプルシンボル

[編集] その他

[編集] 脚注

  1. 開発部語辞典2016(Making Magic 2016年11月7日 Mark Rosewater著) - 「M」の項
  2. M-Files: Guilds of Ravnica – Multicolor/Mファイル『ラヴニカのギルド』編・多色(Play Design 2018年10月12日) - ゴルガリの拾売人/Golgari Findbrokerの項

[編集] 参考

引用:総合ルール 20190712.0

QR Code.gif