ヤヴィマヤの古老/Yavimaya Elder

提供:MTG Wiki

移動: 案内, 検索

Yavimaya Elder / ヤヴィマヤの古老 (1)(緑)(緑)
クリーチャー — 人間(Human) ドルイド(Druid)

ヤヴィマヤの古老が死亡したとき、あなたは「あなたのライブラリーから基本土地カードを最大2枚まで探し、それらを公開して自分の手札に加え、その後あなたのライブラリーを切り直す」を選んでもよい。
(2),ヤヴィマヤの古老を生け贄に捧げる:カードを1枚引く。

2/1

2マナ生け贄に捧げることでカードを1枚引ける上に、PIG能力基本土地カードを最大2枚手札に加えられるという、多大なカード・アドバンテージを稼げるクリーチャー。この能力目当てでデッキに採用されることが多いが、それだけでなくチャンプブロックに充てたり、状況によっては攻撃に回してクロックを刻んだりと大活躍した。

出せれば3マナから5マナ域へのアクセスがほぼ確定し錯乱した隠遁者/Deranged Hermit等の有力カードを確実に唱えられたため、デッキの安定性向上に貢献してくれる。サーチ対象も基本土地でさえあれば基本土地タイプなどを問わないため多色カードへのケアも万全。

当時のスタンダードではストンピィトリニティなどでマスティコア/Masticoreへのマナ、維持コストの手札供給源として活躍。また、旧エクステンデッドではThe Rockマルカ・デス)に主に使われた。

[編集] 関連カード

[編集] サイクル

ウルザズ・デスティニーの「戦場からサイクリングする」というコンセプトで作られたカードサイクル。この能力自体はこれ以前にも記憶術のスリヴァー/Mnemonic Sliverなどに使われている。

[編集] 参考

QR Code.gif
データベース・エラー - MTG Wiki

データベース・エラー

提供:MTG Wiki

移動: 案内, 検索
データベースクエリの構文エラーが発生しました。 ソフトウェアにバグがある可能性があります。 最後に実行を試みたクエリは次の通りです: 関数「SiteStatsUpdate::doUpdate」内
(SQLクエリ非表示)
。 データベースの返したエラー「1205:Lock wait timeout exceeded; try restarting transaction (10.12.2.8)
QR Code.gif