ヨーグモスの行動計画/Yawgmoth's Agenda

提供:MTG Wiki

移動: 案内, 検索

Yawgmoth's Agenda / ヨーグモスの行動計画 (3)(黒)(黒)
エンチャント

あなたは、各ターンに呪文を1つしか唱えられない。
あなたは、あなたの墓地にあるカードをプレイしてもよい。
いずれの領域からでも、あなたの墓地にカードが置かれる場合、代わりにそれを追放する。


ヴィンテージ制限カードである、ヨーグモスの意志/Yawgmoth's Willの調整版。重くなった上に1ターン呪文を1つしか唱えられない制約を設けることでかなりまともになった。

その制約のためコンボデッキなどではほぼ使えなくなったものの、コントロールデッキではよく使われた。終盤にもなれば多くのカード墓地にあり、その分行動の選択肢が増える(つまり実質手札が増える)ためである。また、墓地のカードを使い切って手札が貯まった後には、が得意とするバウンス除去することで大量の手札を使えるようにすることもできた。

カードの性質上、インスタントを多用するデッキだと少しお得。「ターン」とは自分のターンと対戦相手のターンの2つがあるため、表裏で2枚のカードをプレイできるからである。特に青黒デッキで活躍した。嘘か真か/Fact or Fictionによって墓地を肥やしやすかったこと、および同エキスパンションのはね返り/Recoilと相性が非常に良く、カウンターし損ねたパーマネントに対応できる点、対戦相手のターンに積極的にアドバンテージを取りに行ける点、自身を戻すバウンスカードとして機能する点と、このカードとぴったりマッチしていた。

黒赤のデッキでは当時火葬のゾンビ/Pyre Zombieがよく使われていたため、それと相性の悪いこのカードが使われることは多くなかった。しかし、火力の使い回しは勝ち手段として強力であり、1枚挿しされることもあった。

統率者戦では、次の自分のターンを迎えるまでのターン総数が増えるためインスタント瞬速持ちのクリーチャーを多く入れれば有効活用できる。逆にソーサリータイミングでしか唱えられない呪文ばかりだとスローテンポなカード・アドバンテージは得られてもボード・アドバンテージを失いやすく、クリーチャーへの全体除去後などは特にリカバリーに支障をきたすため対戦相手のクリーチャーに圧殺される展開になってしまう場合がある。

  • あなたの墓地にある土地カードをプレイしてもよい。土地のプレイは呪文を唱えることではないので、1番目の能力の制約は受けない。
  • かつてマナ・バーンがあった頃は、最初の1行を忘れて暗黒の儀式/Dark Ritualを使って3点マナ・バーンを受けることもあった(実例:Week in Review October 12(一番最後のBad Play of the weekを参照))。
  • これ自身を唱えることも制約に考慮されるため、これを唱えて戦場に出したターンには呪文を唱えることはできない。
    • 唱える以外の方法で戦場に出た場合は、そのターンに呪文を唱えていなければ、呪文を1つ唱えられる。
  • これが戦場から墓地に置かれる場合、自身の能力追放される。
  • カウンターを入れているデッキの場合、マストカウンターに値するカードを上手く見分ける必要がある。能力の性質上、2枚揃えられたらお手上げだが。
  • 印刷時の1番目の能力は「あなたは」の主語が省略された形で書かれていた。マジックでは、プレイヤーを示す主語がない場合は「あなた」を指すため、現在のルール文章と挙動は同じであるが、秘儀の研究室/Arcane Laboratoryと同じ能力と誤読される可能性があることが考えられていた。2009年1月30日のオラクル更新で、コルフェノールの計画/Colfenor's Plansの近代的な表記に合わせて、「あなたは」の主語が追加された。
  • 当初、このカードの日本語名は「ヨーグモスの予定帳」であった。しかし、"agenda"の意味を取り違えていることに気づいて訂正。現在のカード名になった。(続・マジックに関する25の雑多な話題原文

[編集] 参考

QR Code.gif