ヴィダルケンの枷/Vedalken Shackles

提供:MTG Wiki

移動: 案内, 検索

Vedalken Shackles / ヴィダルケンの枷 (3)
アーティファクト

あなたは、あなたのアンタップ・ステップにヴィダルケンの枷をアンタップしないことを選んでもよい。
(2),(T):あなたがコントロールする島(Island)の数以下のパワーを持つクリーチャー1体を対象とする。ヴィダルケンの枷がタップ状態であり続けるかぎり、そのクリーチャーのコントロールを得る。


Old Man of the Seaアーティファクトとしてリメイクしたもの。

をある程度デッキに採用する必要があるものの、クリーチャーコントロールを繰り返し奪える能力は非常に強力。うまく同士討ちを狙っていけば簡単にアドバンテージを稼ぐことができる。

スタンダードにおいて、オンスロート時代から弱くなり続けていた青を復権させたカードといえる。パーミッションが苦手とするウィニーに対してかなりの威力を発揮する。その名の通りヴィダルケンの枷デッキが作成され、活躍した。

デッキは選ぶものの、デュアルランドショックランドを擁するエクステンデッドエターナルでもその強さは健在である。エクステンデッドではNext Level Blueで、エターナルでは島がずらりと並ぶ青単BtBや、CounterTop-Goyfでそれぞれ活躍している。

[編集] ルール

  • 対象の適正さは、起動時と解決時にしか確認しないことに注意。
    • コントロールを奪った後に、そのクリーチャーのパワーの数を上回っても、コントロールが戻ることはない。
    • コントロールを奪ったクリーチャーがその後クリーチャーでなくなっても(ちらつき蛾の生息地/Blinkmoth Nexusなど)、ヴィダルケンの枷がタップ状態である限りコントロールが戻ることはない。
  • 能力の解決より前にこれがアンタップした場合、コントロールが移動することはない。
  • 複数のプレイヤーが同一のクリーチャーにこの能力を起動した場合、後に解決されたプレイヤーがコントロールを得る。
  • 島を1つもコントロールしていなくても、パワーが0以下のクリーチャーなら奪うことができる。

[編集] 関連カード

あなたの島の数を参照するカード。版は堕落/Corrupt版はEternal Flame版は狼の血/Aspect of Wolfの項を参照。

[編集] 参考

QR Code.gif