不浄の契約/Unhallowed Pact

提供:MTG Wiki

移動: 案内, 検索

Unhallowed Pact / 不浄の契約 (2)(黒)
エンチャント — オーラ(Aura)

エンチャント(クリーチャー)
エンチャントされているクリーチャーが死亡したとき、そのカードをあなたのコントロール下で戦場に戻す。


まやかしの死/False Demise。あるいは色拘束が緩くなった分、シェイド能力を失った影の形態/Shade's Form

自分クリーチャーつけることで除去対策になる。また自身を生け贄に捧げる能力とも相性がよい。

対戦相手のクリーチャーにつけた上でそのクリーチャーを除去することでコントロール奪取のような使い道もできる。多人数戦であるコンスピラシーではそういった使い方をされることも多い。誰かが出した強力クリーチャーはすべてのプレイヤーにとって脅威であるので、あらかじめそれにエンチャントしておけば、そのうち誰かが除去をすれば漁夫の利を得られる。

  • 対戦相手がコントロールする不死を持つクリーチャーに不浄の契約をつけ、それが死亡した場合、どちらのターンであるかによって結果が異なる(APNAP順ルール)。
    • あなたアクティブ・プレイヤーである場合、スタックに置かれる順番は不浄の契約が先で不死が後になる。そのため不死が先に解決され、対戦相手のコントロール下に+1/+1カウンターが置かれた状態で戦場戻る
    • 対戦相手がアクティブ・プレイヤーである場合、今度は逆に不浄の契約が先に解決されるため、+1/+1カウンターは置かれずにあなたのコントロール下で戦場に戻る。

[編集] 参考

QR Code.gif