再構築者、オスギル/Osgir, the Reconstructor

提供:MTG Wiki

移動: 案内, 検索

Osgir, the Reconstructor / 再構築者、オスギル (2)(赤)(白)
伝説のクリーチャー — 巨人(Giant) 工匠(Artificer)

警戒
(1),アーティファクト1つを生け贄に捧げる:あなたがコントロールしているクリーチャー1体を対象とする。ターン終了時まで、それは+2/+0の修整を受ける。
(X),(T),あなたの墓地からマナ総量がXのアーティファクト・カード1枚を追放する:その追放されたカードのコピーであるトークン2つを生成する。起動はソーサリーとしてのみ行う。

4/4

アーティファクト生け贄に捧げパワー修整をふりまく伝説のクリーチャー墓地のアーティファクトのコピートークンを2つ生成する能力も持つ。

未評価カードです
このカード「再構築者、オスギル/Osgir, the Reconstructor」はまだカード個別の評価が行われていません。評価の執筆をして下さる方を求めています。
  • 評価を追加する前に、必ずMTG Wiki:利用者への呼びかけを熟読してください。
  • 「酷評のみ」、または「極端に短い文章だけ」や「見たままを書いただけ」の評価は禁止されています。
  • 各種用語(「クリーチャー」「除去」など(詳しくは用語集を参照))には[[]]でリンクを張ってください。自動では付きません。同じ語は貼らなくてもかまいません。
  • 評価を追加した後は、このテンプレートは削除しておいてください。

[編集] 関連カード

[編集] サイクル

統率者2021のメイン統率者サイクル対抗色2伝説のクリーチャーで、稀少度神話レア

[編集] ストーリー

オスギル/Osgirは、アルケヴィオス/Arcaviosの魔法学院ストリクスヘイヴン/Strixhavenの大学の一つ、ロアホールド大学/Lorehold College教授/Professorを務める巨人/Giant。男性(イラスト)。

ロアホールドの基準で見ても、オスギルは過去の遺物に取り憑かれている。それが見事な宝石の王冠であろうと、見すぼらしい古びたシャベルであろうと、すべての宝物が彼に古の文明を連想させる。学生時代、彼はロアホールドの発掘現場の最高の出土品を自室に秘蔵していたため、いつも居残りの罰を受けていた。「歴史は皆のものだ!」と厳しく言われた回数は数え切れない。

そのため、当然の結果として、彼は複製修復の魔法技術を習得するに至った。彼は極めて小さな欠片から古の物品を完璧に再生できるが、それだけではない――個人的なコレクションのために、いつでも全く同じものをもう一つ作り出すことができるのだ。ロアホールドの彼の研究室では、悪魔/Demon殺しの強大な剣からエルフ/Elf製の繊細なオルゴールに至るまで、毎週異なるものが展示されている。

[編集] 登場作品・登場記事

[編集] 参考

QR Code.gif