勇敢な騎士/Valiant Knight

提供:MTG Wiki

移動: 案内, 検索

Valiant Knight / 勇敢な騎士 (3)(白)
クリーチャー — 人間(Human) 騎士(Knight)

あなたがコントロールしている他の騎士(Knight)は+1/+1の修整を受ける。
(3)(白)(白):ターン終了時まで、あなたがコントロールしている騎士は二段攻撃を得る。

3/4

自身以外への全体強化と、自身も含めて二段攻撃を付与する起動型能力を持った騎士専門のロード

とりあえずは3/4と及第点のサイズがあり、テンポは大きく失うものの攻撃力を倍化させる二段攻撃のモードが最大の目玉。これ単体でも6点相当のクロックで、他の騎士についてはP/Tを一回り大きくするため、元々のパワーも合わせて1体につき3点以上の打点向上を達成する。1ターン目に1/1、2ターン目に2/2……といった単純な展開図式でも、ブン回れば5ターン目に一挙24点のダメージが火を噴くほどである。一方で除去耐性が低く、起動コスト重さから即効性が無いのは難点。これが控える時点で狙いが筒抜けとなるため、いざ二段攻撃を与える前に全体除去を受けては目も当てられない。単純にこのマナ域のロードとしては悪くないマナレシオを持つため、騎士さえ並んでいれば起動型能力に頼り切らずとも充分と考えてもいい。

スタンダードでは後から出せばこれを守れる不屈の護衛/Dauntless Bodyguardに、善意の騎士/Knight of Grace悪意の騎士/Knight of Maliceといった優秀な騎士が多く、なかでもベナリア史/History of Benaliaとの相性は特筆モノ。マナカーブに沿ってトークンの全展開後に一時強化と能力起動のタイミングが重なるため、勇敢な騎士との2枚だけでも合計33点のダメージを生み出すのは破格の一言。そうした追い風はあるが、登場時点の環境においてビートダウンメタゲームに食い込む力が弱く、白黒ビートダウンで2枚ほど採用したレシピを少数見られる程度が現状である。

リミテッドでは単体でも攻防に使える性能でマナフラッドにも強いが、やはり騎士を掻き集めたい。基本セット2019では騎士トークンを生成するカードを合わせても10種類未満で、マナカーブも噛み合わないものが大半だが、コモンである騎兵隊の教練官/Cavalry Drillmaster凛々しい騎兵隊/Gallant Cavalryなどは狙い目。

[編集] 関連カード

[編集] サイクル

基本セット2019の、ロードサイクル。各レアに1枚ずつ存在する。

死の男爵のみ再録。また、死の男爵のみ2つのクリーチャー・タイプ全体強化を加える。

[編集] 参考

QR Code.gif