執政官

提供:MTG Wiki

移動: 案内, 検索

執政官/Archonは、クリーチャー・タイプの1つ。元ネタは存在するが、マジック:ザ・ギャザリングオリジナルのクリーチャー


Blazing Archon / 魅力的な執政官 (6)(白)(白)(白)
クリーチャー — 執政官(Archon)

飛行
クリーチャーはあなたを攻撃できない。

5/6


Archon of Justice / 正義の執政官 (3)(白)(白)
クリーチャー — 執政官(Archon)

飛行
正義の執政官が死亡したとき、パーマネント1つを対象とし、それを追放する。

4/4


Krond the Dawn-Clad / 暁まといのクロンド (緑)(緑)(緑)(白)(白)(白)
伝説のクリーチャー — 執政官(Archon)

飛行、警戒
暁まといのクロンドが攻撃するたび、それがエンチャントされている場合、パーマネント1つを対象とし、それを追放する。

6/6

初出はラヴニカ:ギルドの都魅力的な執政官/Blazing Archon。しばらくはそれ専用のクリーチャー・タイプだったが、3年後のイーブンタイドで新種の正義の執政官/Archon of Justiceが登場。その後も徐々に数を増やしている。

かそれを含む多色にのみ存在する。共通する能力としては全員飛行を持ち、またパーマネント追放する誘発型能力を持つものがいくつかいる。

執政官であることを参照するカードとして調和のアルコン/Harmonious Archonが存在する。

伝説の執政官は暁まといのクロンド/Krond the Dawn-Cladのみ。

[編集] ストーリー

「アルコーン」とはもともとギリシア語で「執政官」を意味し、その名の通り、古代アテネの政治に携わる官職のことを指す。和訳でも、それを踏まえて「執政官」と訳されている。

転じて、グノーシス主義では「偽神」すなわち全知全能でない神、低位の神を意味する。そこから派生し、創作ファンタジーの世界でも、神に準ずる強大な存在などを指す言葉として使われる。例えばダンジョンズ&ドラゴンズに登場する天使的存在も「Archon」と呼ばれている。マジックのArchonもその流れを汲んだ超現実的で神秘的な種族である。

マジックでは、人型の堂々たる体躯を持ち盲目であり、何らかの空飛ぶ生き物に騎乗しており、栄光や正義などのに属する原理や価値観を体現するクリーチャーである[1][2]

  • Archonは英語では「アーカン」「アルカン」、原語であるギリシア語では「アルコン」「アルコーン」と発音する。
  • カード名に「執政官/Archon」とつくクリーチャーは他に陰謀団の執政官/Cabal Archonが存在するが、そちらの「アルコーン」は原義どおりの政治官僚の意味で用いられており、クリーチャー・タイプも人間クレリックである。
    • カード名を訳すとき、多くの場合は先例にならって逐語訳的に訳すことで、異言語カード間の対照に困らないようにしている(→テンプレート#カード名のテンプレート)が、執政官の訳語についてはそれが仇となったと言えよう。初代執政官である魅力的な執政官のイラストが、それと分かりにくいものであったことも大きいか。
  • 初代の魅力的な執政官から4枚目にあたる復讐に燃えたアルコン/Vengeful Archonのカード名で初めてアルコンとギリシア語読みで訳されたが、テーロスでは再び執政官と訳され、その後エルドレインの王権ではアルコン、そしてテーロス還魂記では執政官と、変遷を繰り返している。

[編集] 脚注

  1. Angry Lands, Brave Adventurers, and Other Decks for Vorthos(Savor The Flavor 2010年2月9日)
  2. Magic's Exclusive Creatures/マジックの独自クリーチャーたち(Savor The Flavor 2011年8月10日 Doug Beyer著)

[編集] 参考

QR Code.gif