変態変異/Metamorphic Alteration

提供:MTG Wiki

移動: 案内, 検索

Metamorphic Alteration / 変態変異 (1)(青)
エンチャント — オーラ(Aura)

エンチャント(クリーチャー)
変態変異が戦場に出るに際し、クリーチャー1体を選ぶ。
エンチャントされているクリーチャーは、その選ばれたクリーチャーのコピーになる。


エンチャントしたクリーチャーを好きなクリーチャーのコピーに変えるオーラ

この手のカードとしては、2マナとかなり軽いクローン/Cloneの亜種は重さがネックになることが多いため、軽く出せるのは魅力。反面クリーチャー1体とこのカードで1体のコピーを作るためカード・アドバンテージを失い、コピー元のETBも利用できないことに注意。

一方で、対戦相手のクリーチャーにエンチャントすることで擬似除去としても利用できる柔軟性の高さは特有の利点となる。フィニッシャー格を低サイズのクリーチャーに変化させるだけでも十分だが、歩行バリスタ/Walking Ballistaのようなタフネス0のカードを併用してコピー元として選べば、完全な除去になる。対戦相手が伝説のクリーチャーとそうでないクリーチャーをコントロールしているなら、レジェンド・ルールを利用して伝説でない方を除去することも可能。寄付/Donateのような使い方も一考できる。

[編集] ルール

  • コピー元となるクリーチャーを選ぶのは、変態変異が戦場に出る際である。唱えるときではない。
    • 対象として選ぶわけではないので、呪禁など能力の対象にならないクリーチャーも選べる。
    • 変態変異と同時に戦場に出るクリーチャーは選べない。
  • コピー可能な値のみをコピーする。タップ/アンタップオーラ装備品ついているか、カウンターが幾つ乗っているか、その他コピー効果でない継続的効果の影響はコピーしない。
    • 逆に、エンチャントされているクリーチャーが持っていたこれらの状態はそのままコピーになった後も保持される。
    • クリーチャー化する継続的効果はコピー可能な値ではないことに注意。例えば、クリーチャー化している機体をコピー元として選んだ場合、エンチャントされているクリーチャーはクリーチャーでないアーティファクトとなり、変態変異のエンチャント先として不正なため変態変異は状況起因処理墓地に置かれる。
  • コピー元のクリーチャーの「戦場に出る際、~~する」、「~~の状態で戦場に出る」や「~~として戦場に出る」という常在型能力、「(自身のカード名)が戦場に出るたび」という誘発型能力は機能しない。エンチャントされているクリーチャーは既に戦場に出ている。
  • 自分コントロールする伝説のクリーチャーをコピーした場合、同名の伝説のパーマネントを2体コントロールしていることなり、レジェンド・ルールが適用される。
  • コピー元として選んだクリーチャーが、その後、戦場を離れたりそのコピー可能な値が変化しても、エンチャントされているクリーチャーが同期して変化することはない(CR:706.2bCR:706.2c)。
  • エンチャントされているクリーチャーが死亡したとき、元々持っている死亡誘発は機能しない。コピーによって得ていた死亡誘発は誘発する(領域変更誘発)。
  • エンチャント先のクリーチャー自身をコピー元として選んでもよい。変態変異が戦場に出る前に他にクリーチャーがいなくなった場合そうせざるを得ないだろう。
  • 他の継続的効果によってクリーチャー化したパーマネント(例えば生命の力、ニッサ/Nissa, Vital Forceによってクリーチャーになった森/Forestなど)に変態変異をつけた場合、その継続的効果が終了しても、変態変異がついている限りそれはクリーチャーでありエンチャント先として適正であるため、コピーしたクリーチャーとして戦場に残り続ける。

[編集] 参考

QR Code.gif