夜魔

提供:MTG Wiki

移動: 案内, 検索

夜魔/Nightstalkerとは、クリーチャー・タイプの1つ。読みは「よま」。悪霊のような姿をしたクリーチャーである。


Urborg Panther / アーボーグの豹 (2)(黒)
クリーチャー — 夜魔(Nightstalker) 猫(Cat)

(黒),アーボーグの豹を生け贄に捧げる:アーボーグの豹のブロックしているクリーチャー1体を対象とし、それを破壊する。
名前が《残忍な影/Feral Shadow》であるクリーチャーと、名前が《吐息の盗人/Breathstealer》であるクリーチャーと、アーボーグの豹を生け贄に捧げる:あなたのライブラリーから名前が《夜のスピリット/Spirit of the Night》であるカードを1枚探し、そのカードを戦場に出す。その後あなたのライブラリーを切り直す。

2/2


Fen Stalker / 湿原のストーカー (3)(黒)
クリーチャー — 夜魔(Nightstalker)

あなたがアンタップ状態の土地をコントロールしていないかぎり、湿原のストーカーは畏怖を持つ。(それは黒でもアーティファクトでもないクリーチャーによってはブロックされない。)

3/2


Nightstalker Engine / 夜魔のエンジン (4)(黒)
クリーチャー — 夜魔(Nightstalker)

夜魔のエンジンのパワーは、あなたの墓地にあるクリーチャー・カードの枚数に等しい。

*/3

初出はレジェンドシミアの夜魔/Shimian Night Stalker。この時は1単語ではなく「Night Stalker」だった。ミラージュ夜のスピリット/Spirit of the Nightに合体する3体の夜魔が登場。ポータル・セカンドエイジではのメイン・クリーチャーの座を獲得し、部族カードである夜魔の帰還/Return of the Nightstalkersも作られている。またこの時「Nightstalker」に変更された。プロフェシーでも湿原のストーカー/Fen Stalkerが作られたが、それを最後に新たな夜魔は登場していない。

夜魔の中でも残忍な影/Feral Shadow吐息の盗人/Breathstealerアーボーグの豹/Urborg Pantherは、マジック初の合体カードとして注目を浴びた。もっとも、夜のスピリット/Spirit of the Night戦場に出すにはリアニメイトなどもっと楽な方法もあったのでカジュアルプレイでしか使われなかった。

  • このギミックを活かしたテーマデッキMagic Onlineで発売されている。→Night Terrors
  • この3体が夜魔であるため、夜のスピリットは当初「Spirit of the Nightstalkers(夜魔のスピリット)」となる予定だった。実際にそうならなかったのはこの名前が長すぎるため。

部族カードは前述の夜魔の帰還/Return of the Nightstalkersがある。

[編集] ストーリー

ミラージュのストーリーでは、ジャムーラ/Jamuraaではアーボーグ/Urborgの沼地に住み着き、ケアヴェク/Kaervekの尖兵としてジャムーラの住民を恐怖させた。

ポータル・セカンドエイジではカリマン/Calimanの女魔術師トジラに作られた人造生命として、やはりダクムーア/Dakmorの沼地に生息している。

[編集] 参考

QR Code.gif