大地の怒り/Force of Nature

提供:MTG Wiki

移動: 案内, 検索

Force of Nature / 大地の怒り (2)(緑)(緑)(緑)(緑)
クリーチャー — エレメンタル(Elemental)

トランプル(攻撃しているこのクリーチャーは余剰の戦闘ダメージをプレイヤーかプレインズウォーカーに与えることができる。)
あなたのアップキープの開始時に、あなたが(緑)(緑)(緑)(緑)を支払わないかぎり、大地の怒りはあなたに8点のダメージを与える。

8/8

6マナで出せる8/8クリーチャー。その代わり、かなり強烈なアップキープ・コストを持っている。単色で、マナ・コストとアップキープ・コストが共にクァドラプルシンボルという点も驚愕。

6マナはにとってはそれほど重くなく、3回殴れば勝てるパワートランプルを併せ持つので、緑の濃いデッキフィニッシャーとして採用されることがあった。重いアップキープ・コストは裏を返せば支配魔法/Control Magic動く死体/Animate Deadされにくいというメリットになるし、支払わなくてもダメージを受けるだけなので攻撃は可能である。攻撃が通れば彼我のダメージ量はイーブンになるので、あえてアップキープ・コストを支払わないという戦略をとることもできる。

アップキープ・コスト未払いのダメージは、緑の防御円/Circle of Protection: Greenなどで軽減して踏み倒すこともできる。他には、魂の絆/Spirit Link絆魂/Lifelinkでダメージを回復しつつ攻撃を補助するという方法もある。

  • ただし魂の絆の場合、ライフ回復は誘発型能力であるため、残りライフが8以下の場合はアップキープ・コストを踏み倒すと敗北するので注意が必要(状況起因処理を参照)。絆魂の場合ならばその心配は無い。
    • 黎明期は魂の絆でも問題なかったため、併用されることがあった。

明らかに相性が悪い組み合わせではあるが、かつては「ネイチャーゲドン」という豪快なデッキも存在した(らしい)。

[編集] 参考

QR Code.gif