実地歴史家、クイントリウス/Quintorius, Field Historian

提供:MTG Wiki

移動: 案内, 検索

Quintorius, Field Historian / 実地歴史家、クイントリウス (3)(赤)(白)
伝説のクリーチャー — 象(Elephant) クレリック(Cleric)

あなたがコントロールしているすべてのスピリット(Spirit)は+1/+0の修整を受ける。
1枚以上のカードがあなたの墓地を離れるたび、赤白の3/2のスピリット・クリーチャー・トークン1体を生成する。

2/4

スピリットパワーを上げ、墓地からカードが移動するたびにスピリット・トークン生成する伝説のクレリック

墓地からカードが離れるたびに実質4/2のトークンを生成するのは脅威の一言。これ自身は重いうえに能力誘発させる術を持たないため、墓地からカードを移動させる手段を多く入れ、かつこれだけに頼り切らないようなデッキを組めれば理想である。

リミテッドではロアホールドのフィニッシャーの名に恥じぬ1枚。シナジー関係にある目ぼしいカードとしては秘本破り/Tome Shredder柱落としの救助者/Pillardrop Rescuer星霜の巡礼者/Pilgrim of the Agesあたりが該当するだろう。自身が生成していないスピリットも強化される点も強み。

[編集] 関連カード

[編集] サイクル

ストリクスヘイヴン:魔法学院伝説の魔道生徒/Mage-studentサイクル対抗色2伝説のクリーチャーで、稀少度アンコモン

背景ストーリー上はストリクスヘイヴン/Strixhavenの各大学に所属する学生で、複数のカードに登場するほか、ドラフト・ブースターのパッケージを飾る、Magic Storyのサイドストーリーの主役を務めるなど、各大学を代表する存在となっている。

[編集] ストーリー

クイントリウス・カンド/Quintorius Kandアルケヴィオス/Arcaviosの魔法学院ストリクスヘイヴン/Strixhavenの大学の一つ、ロアホールド大学/Lorehold Collegeに所属するロクソドン/Loxodon魔道生徒/Mage-student。男性。軍学校を除名された後、歴史の研究に真の情熱を見出し、ロクソドン種族の過去を知りたいと願っている。

詳細はクイントリウス・カンド/Quintorius Kandを参照。

[編集] 参考

QR Code.gif