川のケルピー/River Kelpie

提供:MTG Wiki

移動: 案内, 検索

River Kelpie / 川のケルピー (3)(青)(青)
クリーチャー — ビースト(Beast)

川のケルピーか他のパーマネントがいずれかの墓地から戦場に出るたび、カードを1枚引く。
プレイヤー1人が墓地から呪文を唱えるたび、カードを1枚引く。
頑強(このクリーチャーが死亡したとき、その上に-1/-1カウンターが置かれていなかった場合、それを-1/-1カウンターが1個置かれた状態でオーナーのコントロール下で戦場に戻す。)

3/3

墓地からパーマネントを戻したり、墓地から呪文唱えるカード引けクリーチャー

1番目の能力は、基本的にリアニメイトもしくは頑強クリーチャーが帰ってきたときに誘発する。熟考漂い/Mulldrifterが存在するため、リアニメイトに加えるよりクロノサヴァント/Chronosavantなど自力で帰れるクリーチャーが戻るついでカードを引く、という方針でデッキに入れたほうがいいだろう。また、頑強を持っているので、これしかなくても1枚は引ける。再拘束/Retetherなどでクリーチャーでないパーマネントが戻ったときも誘発するので、こちらを軸にすえてもいい。

2番目の能力は、基本的にフラッシュバック呪文を全てキャントリップにする能力である。時のらせんブロックではフラッシュバック呪文が復活しているのでそれを使うといいだろう。熟慮/Think Twiceがおすすめ。

また、続くイーブンタイドでは相性のよい回顧が登場し、ブロック構築でもドローしやすくなった。

[編集] 参考

QR Code.gif