巡礼者アシュリング/Ashling the Pilgrim

提供:MTG Wiki

移動: 案内, 検索

Ashling the Pilgrim / 巡礼者アシュリング (1)(赤)
伝説のクリーチャー — エレメンタル(Elemental) シャーマン(Shaman)

(1)(赤):巡礼者アシュリングの上に+1/+1カウンターを1個置く。これがこのターンに解決されたこの能力の3回目である場合、巡礼者アシュリングからすべての+1/+1カウンターを取り除く。それはその個数に等しい点数のダメージを、各クリーチャーと各プレイヤーにそれぞれ与える。

1/1

伝説のエレメンタルシャーマン。2マナで自分に+1/+1カウンターを乗せることができ、同じターン中に3回目を使うと蓄積された+1/+1カウンターを全体火力に換える。

永続的な強化としてはかなり破格のコスト。各ターン2回までなら際限なく大きくなる。しかし、やや悠長な上回避能力も無いのでチャンプブロックで無力化されるのが辛い所。かといって普通に3回起動するだけでは、地震/Earthquakeなど全体X火力と比べるとやはり効率面が気になる。

火力としても使えるクリーチャーと考えて投入すべきだろう。エレメンタルであることを利用して、炎族の先触れ/Flamekin Harbingerによってサーチするために1枚挿しされることもある。

[編集] 関連カード

[編集] サイクル

ローウィンの“三連発”エレメンタルサイクル。1ターン中に同じ能力を3回解決すると追加の効果を得る起動型能力を持つ。の各レアリティに1枚ずつ存在する。

ローウィン・ブロックの、単色伝説のクリーチャーサイクル

[編集] 参考

QR Code.gif