強化

提供:MTG Wiki

移動: 案内, 検索

強化は、主にクリーチャーに対し、戦闘に有利なP/T修整や追加の能力を与えることを意味する俗語。

  • 呪文効果を増すこと、あるいはデッキをよりよいカードで向上させることを言う場合もあるが、ここではクリーチャー強化について解説する。

Giant Growth / 巨大化 (緑)
インスタント

クリーチャー1体を対象とする。ターン終了時まで、それは+3/+3の修整を受ける。



Castle / 城壁 (3)(白)
エンチャント

あなたがコントロールするアンタップ状態のクリーチャーは+0/+2の修整を受ける。


大別して

別軸として

に分かれる。

前提としてクリーチャーを必要とする以上、単純に同じサイズのクリーチャーを用意するよりコスト軽いものが多い。インスタントによる強化は対戦相手の意表をつくことができ、コンバット・トリック除去の少ないリミテッドにおける基本戦術の1つとなる。またタフネスの強化は、火力からクリーチャーを保護したりする目的でも使われる。

欠点はやはりカード単体では意味を持たず腐ること。デッキ構築でのクリーチャーとの比重や、ゲーム中での使用のタイミングはプレイヤーの技量が測られる。

に存在するが、やはりクリーチャーの色であるが質・量ともにもっとも豊富。次点は全体強化タフネス比重の効果が得意。パワー寄りのもの、何らかのペナルティ能力追加コストと引き換えのものが多い。には少数しか存在しないが、飛行などの回避能力を同時に与えることが多いので単純に不得意とは言えない。

[編集] 参考

QR Code.gif